空き家を賃貸に出すメリットとデメリットとは?注意点も解説!

空き家を賃貸に出すメリットとデメリットとは?注意点も解説! ※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

空き家は所有しているだけでも管理するための費用や手間がかかるため、自分が住む予定がないのであれば活用方法を考える必要があります。
「賃貸に出す」というのも活用方法のひとつなので、自分にあっているか事前によく確認しておくと良いでしょう。
今回は、空き家を賃貸に出すことのメリットやデメリットとともに、確認しておきたい注意点についても解説します。

\お気軽にご相談ください!/

所有する空き家を賃貸に出すメリットとは?

空き家を賃貸に出すメリットは、家賃収入を得られることです。
空き家を所有していると固定資産税や修繕費などがかかるため、家賃収入があればそれらの費用を賄えます。
また、資産を手放さなくて済むこともメリットのひとつでしょう。
思い入れのある家を売却したり解体したりすることには抵抗がある方にも、活用しながら所有し続けられるこの方法はおすすめです。
それでいて手間のかかる物件管理は入居者に任せられるため、一石二鳥ともいえる活用方法ではないでしょうか。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

所有する空き家を賃貸に出すデメリットとは?

賃貸に出せば、入居者の家賃滞納やほかの入居者とのトラブルなどが発生する可能性もあります。
ある程度のことは管理会社に任せられても、大きな問題が発生した際にはオーナーである自分が対応しなければなりません。
また、物件の管理運営のためには定期的な設備の修繕も必要になるので、そのための費用もかかります。
ただし、多額の費用をかけて修繕やリフォームをおこなっても、入居者が集まらなければ賃貸経営が困難になることもあるので注意が必要です。
賃貸に出してしまうと自分の都合で退去してもらうことは不可能になるため、今後のこともよく考えたうえで慎重に検討していきましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

空き家を賃貸に出す際の注意点

空き家を賃貸に出すにあたって、空室リスクについてしっかりと考えておく必要があります。
賃貸経営で安定した収入が得られるのは、入居者がいることが前提です。
空室が発生すると安定した収入が得られなくなるだけでなく、入居者募集のための広告費なども必要になります。
また、家賃収入を得ると確定申告をしなければならないため、そういった手間のことも考えておいたほうが良いでしょう。
将来的に空き家に住む予定がある場合は「定期借家契約」という契約形態を選択する必要があるので、詳しく確認しておくことをおすすめします。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

所有している空き家の活用方法として賃貸に出すことを検討されているなら、そのメリットとデメリットをチェックしておくことが大切です。
空室リスクや契約形態など事前に調べておきたい注意点もあるので、慎重に進めていきましょう。
東京都新宿区をメインとした不動産の売却をご検討中の方は弊社、株式会社アダチの無料査定依頼をご利用ください。
また、今すぐ現金化したい、スピーディーに不動産を売りたいなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ