重要人名及びAIによる続編:足利尊氏

2022-11-16

ノウハウ

※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

本ブログでは、小学生向け「重要人名事典」受験研究社刊
記載の文章をAIに読ませ、その続編をAIに考案させたものです。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

記載内容

①鎌倉時代の終わりから南北朝時代の武将。建武の新政で後醍醐天皇に反旗をひるがえし、室町幕府を開いて初代将軍となった。
②後醍醐天皇に味方して京都の六波羅探題をせめ、北条氏をやぶった。建武の新政に参加したが、新政に不満をもつ武士によびかけて武家政治の復活をはかり、京都にせめのぼった。いったんはやぶれて九州にのがれたが、再び勢いをもりかえし、楠木正成らの軍をやぶって京都に入った。後醍醐天皇は吉野にのがれたが(南朝)、尊氏は持明院統の光明天皇をたて(北朝)、1338年、光明天皇から征夷大将軍に任じられ、京都に室町幕府を開いた。吉野の南朝と京都の北朝とが対立した時代を南北朝時代といい、統一されるまで約60年続いた。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

AIによる続編①

は、室町幕府の終わりまで続いた。室町幕府の初代将軍は初代忠政(1327-1355)である。忠政は、忠重を中心に真田家を創設し、室町幕府を成立させた。彼は建武の新政に参加したが、新政に不満を持つ武士に武家政治の復活を促し、京都で武家政権の復活を推し進めた。吉野の南朝と京都の北朝の対立の時代は、室町幕府の終わりまで続く。室町幕府の初代将軍は初代忠政(1327-1355)である。忠政は、忠重を中心に真田家を創設し、室町幕府を成立させた。彼は建武の新政に参加したが、新政に不満を持つ武士に武家政治の復活を促し、京都で武家政権の復活を推し進めた。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

AIによる続編②

吉野の南朝と京都の北朝の対立の時代は、室町幕府の終わりまで続く。室町幕府の初代将軍は初代忠政(1327-1355)である。忠政は、忠重を中心に真田家を創設し、室町幕府を成立させた。彼は建武の新政に参加したが、新政に不満を持つ武士に武家政治の復活を促し、京都で武家政権の復活を推し進めた。
後醍醐天皇の皇子、尊氏は1405年に暗殺され、弟の尊氏(1349-1373)が将軍の座を継ぎ、室町幕府の初代将軍となった。室町幕府の初代将軍である高台寺は、鎌倉時代の室町幕府の中で最も有力な将軍であった。室町幕府の初代将軍(天下の最高位)であり、室町幕府を開いた最初の将軍である

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ