とある書籍について⑲

2022-11-15

ASD同志へ

※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

弊社代表の安達は、「ASD友の会」代表世話人も務める。
さて、
「大人のアスペルガーのためのソーシャルスキル・ガイド」
ジェネビー・エドモンド、ディーン・ウォートン 著、小谷裕実 訳、人文書院、2011年12月刊
これは、弊社代表の安達のブログ
にても記載したが、弊社代表の安達が、かつて
『自らが所持する「精神障害者手帳」を錦の御旗のように掲げ、自らが社会に適応する事なく、勤務先や家庭内、周囲の人間に対し「ASD者に対する配慮」ばかりを求めていた』きっかけになった書籍である。

本ブログでは、この著書の一部引用、そして引用箇所に対する弊社代表の安達の所感を記載する。


相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。


友だちとの出会い

多くの人々は、学校や大学、職場あるいは社会的な活動などの、定期的に参加する社会活動の場で友人と出会います。おそらく、あなたの通う大学には、隣に座ったり、昼食や休み時間を共に過ごす人たちがいて、あなたにとってちょうどよい社会的接触だと感じるかもしれませんし、また残りの時間は一人で過ごしたいと望むかもしれません。
あなたは社交的な行事を好まないかもしれませんが、もし耐えることができるなら、行事の一部だけでも参加してみる価値があるでしょう。誰かとおしゃべりしたり共通の見解を見つけてよい友人を作ることができる可能性があります。
もし、社交的な行事に参加する機会がない、あるいは単におっくうなら、考え方の似ている人たちと出会うよい方法は、共通の趣味や興味関心のあるグループに参加することです。もし、あなたが学生なら、専門学校や大学にはおそらく参加できるグループがあるでしょう。学生でないとしても、どこの地域にもたくさんの活動グループがあります。このような場所を見つけるのには、地域の図書館や役所などが向いています。仕事をしているのであれば、おそらく同僚の中に友だちを見つけることができるでしょう。しかし、同僚を友人とする場合、信用できる人物であると確信する必要があります。余暇活動が職業に害を及ぼすことがあってはいけません。


相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

友情を築く

友情を築くことは、あなたが考えているほど難しいことではありません。単に、前に述べたような状況で人と出会い、挨拶をしてその人が答えやすいような質問をするだけのことです。ここでは、天気についてなど、ちょっとした話題を使います。しかし、これはアスペルガーの人たちが苦手とすることです。もし、共通の趣味のグループを通して誰かと会っているのなら、その趣味に関することを質問することができます。例えば、「何がきっかけでその趣味をもたれたのですか?」と尋ね、相手が答えればあなたも自分の興味関心について説明すればよいのです。
居酒屋や喫茶店に誘い、互いに共通点を見つけられれば、その特定の趣味に関するお店に一緒に行きませんかと誘ってもよいでしょう。しかし、プライベートな場所に行くのは、その人を十分に知ってからです。多くのアスペルガーの人たちにとって、共通の趣味をきっかけにして友人を作ることはとてもよいアイデアです。男性でも女性でも、友情にはかけ引きや競争、分析がつきものです。趣味を通して築かれた友情においては、社会的相互作用よりも情報の共有といった、アスペルガーに親和性のあるコミュニケーションが求められ、アスペルガーの人たちにとって適しています。これを利用するように、最善を尽くしてください。


相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表の安達の所感

「友だちとの出会い」に関しては、総論正解。「余暇活動が職業に害を及ぼすことがあってはいけません」は、特にASD者が留意すべき点であろう。
「友情を築く」に関しては、友情の築き方のハウ・トゥーが記載されているが、これだけでは、ASD者は、頭がモヤっとなってしまう。
ASD者としては、「友情とは何か?」「定常者の社会で生きていくのに、何故、友情を築くことが必要なのか(もしくは定常者の「友情」とやらを演技する必要がある具体的な理由)」といった事を具体的に記述してもらえればと、弊社代表の安達は感じた。定常者とは違い、ASD者は、「友情とは何か?」「定常者の社会で生きていくのに、何故、友情を築くことが必要なのか(もしくは定常者の「友情」とやらを演技する必要がある具体的な理由)」が頭の思考回路から抜け落ちているからである。
尚、ASD者にとって、四六時中、「友情」とやらで雁字搦めになるのは、苦痛である。
「友情を築く」「定常者の友情とやらを演技する」のは必要最小限とし、時には人との距離を置く必要もある、とした方が、ASD者にとって生きやすくなるのかなと、弊社代表の安達は感じた。


相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ