外堀は既に埋まった?日本における今後の金利の推移について

2022-11-09

FPサービス

※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

本ブログでは、以下の記事
YAHOO!JAPANニュース
日刊ゲンダイDIGITAL、2022/11/9 9:06配信
に関する、弊社代表の安達の所感を記述します。

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。


記事の概要

『衆議院の財務金融委員会で、目標としていた物価上昇率2%の継続が見通せるようになったら、長期金利の上昇を抑え込んでいる金利操作を柔軟にすることを、一つの選択肢としてあり得ると明言した。ずっと否定し続けてきた金利上昇を、ほどなく容認するかのような発言だった。』
『米国の中央銀行である連邦準備制度理事会(FRB)の大幅利上げが止まる気配がなく、日本の金利に上昇圧力がかかっている。そこでかたくなに金利抑制の姿勢を続けていたら、何かの拍子に蓋が外れたように日本の長期金利が急上昇してしまう懸念がある。だから、事前に市場へ利上げ容認のサインを送り始めたのではないか。』
『長期金利が急上昇すると、国債の価格が急落する。そうなると、貸し出しが伸びないなか利回りが低くても国債を大量に買ってきた金融機関、とくに中小金融機関は巨額の損失を出すことになる。』
『その場合の金融機関が決算処理しなければならない損失額の試算も、すでに当局にはあるようだ。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

安達の所感①

「ヤバいよね、コレ!」「日本の金利上昇の外堀が埋まったって感じ?」
弊社代表の安達の、率直な感想です。

以下のブログ
でも記載しましたが、日本国債の所有者である日本国内の金融機関が、既に長期的な金利上昇を見越しているって事でしょ?

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

安達の所感②

「いい加減、気付けよ!不動産業界人よ!」って話。
いつまで、「ゼロ金利で不動産が売れる」お花畑を夢見ているのか。
日本の金利が上昇し、不動産の売れ行きが怪しくなったら、多くの不動産業従事者の首が飛ぶって事。
弊社代表の安達は、「不動産業界の知識・ノウハウ」を使って、「不動産分野」以外で収益を上げる方法を、日々模索しています。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

<その他おすすめ情報>

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ