重要人名及びAIによる続編:北条時宗

2022-10-28

ノウハウ

※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

本ブログでは、小学生向け「重要人名事典」受験研究社刊
記載の文章をAIに読ませ、その続編をAIに考案させたものです。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

記載内容

①鎌倉幕府の第8代の執権。2度にわたる元の来襲から国を守った。
②北条時頼の子で、幼名を相模太郎といった。1268年、まわりの国を従えた元のフビライ=ハンが日本も従えようと使者を送ってきたとき、断固としてその要求をはねつけ、御家人を指揮して北九州の防備をかためさせた。1274年の文永の役と1281年の弘安の役の2度の元の来襲を御家人の活躍と暴風雨で退けた。この2度にわたる元軍の来襲を元寇という。御家人の竹崎季長は、自分の活躍を「豪古襲来絵詞」という絵巻物にえがいた。
禅宗を信じ、宋の禅僧無学祖元を招いて、鎌倉(神奈川県)に円覚寺を建て、元との戦いで亡くなった人をとむらった。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

AIによる続編①

竹崎末永の姓は竹崎だが、鎌倉時代初期に貴族や血筋を示すのによく使われた、父の次男の竹蔵の名を使った。
鎌倉幕府の第7代執権で、北条時頼の子、幼名は相模太郎。1268年、周辺諸国を征服したフビライ=カンが日本に使者を送り、日本を招いたとき、彼は使者の要請を断固として拒否し、家来を率いて北九州の防衛を固めた。元軍の2度の侵攻は、家臣たちの努力と暴風雨で撃退された。この2回の元軍の侵攻を元寇という。家臣の竹崎末永は、その活躍ぶりを「御幸襲来絵詞」という絵巻に描いている。禅宗を信奉し、宋の無学祖元禅師を招いて鎌倉(神奈川県)に円覚寺を建て、元との戦いで亡くなった人々を供養した。伊礼彼方・真言 鎌倉時代初期、姓は井上であったが、公家や家柄を示すために使われることもあった。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

AIによる続編②

姓は井上だが、鎌倉時代初期には公家や家柄を示すために使われることもあった。大名である松は、1272年の谷町の乱で平氏を討伐した部隊を指揮した。清正の子で、松の姓は鎌倉時代初期に公家や家柄を示すのに使われた。
姓は井上であるが、鎌倉時代初期には公家や家柄を示すために使われることもあった。大名である松は、1272年の谷町の乱で平氏を討伐した部隊を指揮した。清正の子で、松の姓は鎌倉時代初期に公家や家柄を示すのに使われた。大名の佐津は、1272年の谷町の乱で平氏を討伐する軍を率いた

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ