節税対策もチェック!不動産相続で発生する税金の種類は?

節税対策もチェック!不動産相続で発生する税金の種類は? ※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

不動産を相続するとさまざまな税金がかかるので、どのような種類があるのか事前に理解しておくことが大切です。
なかには節税対策につながる制度もあるので、条件に当てはまるか確認し、ご家庭に合う方法を探しましょう。
そこで今回は、不動産を相続する予定がある方に向けて、相続によってどのような種類の税金が発生するのかご説明します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産を相続するとどのような種類の税金が発生する?

不動産を相続すると、登録免許税と相続税という2種類の税金が発生します。
登録免許税は、不動産の所有者を移す「所有権移転登記」をおこなう際に発生する税金です。
相続税は遺産が一定金額を超えた場合に納める税金で、故人の死亡を知った日の翌日から10か月以内に申告します。
こちらは自分で税額を算出して納付書を作成する必要があるので、事前に計算方法を理解しておきましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産相続で発生する税金の計算方法

登録免許税は「固定資産評価額×0.4%」で算出できます。
土地の固定資産税評価額は市町村が毎年見直していますが、実際の取引額と差が生じる点に気を付けましょう。
相続税を求めるには、はじめに以下の計算式で基礎控除額を算出します。
3,000万円+600万円×相続人の人数
相続財産から基礎控除額、借入金や葬儀費用などの負債を引いた金額が課税価格となり、「課税価格×税率-控除額」の計算で相続税を算出できます。
土地の場合は、相続税評価額の計算も必要です。
土地の相続税評価額の計算方法には「路線価方式による評価」と「倍率方式による評価」があり、それぞれ以下のような計算式で算出できます。

  • 路線価方式による評価:正面路線価×各補正率×面積
  • 倍率方式による評価:固定資産税評価額×倍率

どちらが適用されるかは、土地の所在地によって決まります。
路線価や倍率は国税庁のホームページで確認できるので、ぜひご覧ください。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産を相続する際にできる税金対策

税金にはさまざまな控除制度があるので、節税対策のためにも、以下のような制度に条件が当てはまるかチェックしてみましょう。

住宅資金贈与制度

住宅の購入資金として贈与をおこなった場合に、贈与税が最大で1,000万円まで非課税となる制度です。
もし住み替えのタイミングと重なるのであれば、生前贈与もご検討ください。

配偶者贈与制度

配偶者に対する贈与制度で、居住用の住宅を購入する場合に限り、最大で2,000万円まで非課税となる制度です。
住宅資金贈与制度よりも非課税金額が上がるので、こちらも併せてご検討ください。

相次相続控除

10年以内に2回目の相続をおこなう場合、相続税の一定金額が控除となる制度です。
ただし、1回目の相続の際に税金を納めていることが条件である点に注意しましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

不動産の相続ではさまざまな税金が発生しますが、状況に応じた控除を受けることもできます。
不動産の相続は現金での相続よりも節税につながる可能性があるため、住宅を相続したうえでの売却もおすすめです。
東京都新宿区をメインとした不動産の売却をご検討中の方は、「株式会社アダチ」の無料査定依頼をご利用ください。
また、今すぐ現金化したい、スピーディーに不動産を売りたいなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ