煽りか、それとも・・・?今話題の兵器の記事に関する弊社代表の安達の所感

※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

に関する、弊社代表の安達の所感を記述します。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。


記事の概要

記事の概要は、以下の通りです。
「現在、ロシア軍はウクライナで劣勢に立たされつつあります。今、プーチンが考えていることはカオス(混沌)を引き起こして、局面を打開することです。」
「プーチンは自分をエカチェリーナ2世(ロシア帝国の領土をポーランドやウクライナまで拡大し、『大帝』と称される)になぞらえています。つまり、ウクライナを始めとした旧ソ連の領土を再び統合することが自分の使命だと思っているのです。
しかし、現在、ロシア軍はウクライナで劣勢に立たされつつあります。今、プーチンが考えていることはカオス(混沌)を引き起こして、局面を打開することです。」
「今も新しい核兵器の開発に余念がない。中でも迎撃不能かつ破滅的な被害をもたらすとされるのが、核弾頭を搭載した原子力自律魚雷「ポセイドン」である。」
「核戦争になった場合、西側陣営の一員である日本もターゲットになる可能性は低くありません。というのも、日本には核兵器がないからです。ウクライナが攻め込まれたのは、旧ソ連時代の核兵器を放棄していたことが大きい。
したがって、ロシアがまずは見せしめとしてポセイドンで東京を狙う可能性はあります。本来、日本は米国の核の傘で守られているはずですが、本当に米国が日本を守るかは現実に日本が核攻撃を受けそうな状態になってみないとわかりません。そういう曖昧な状況にプーチンがつけ込む危険性があります」

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

安達の所感①

週刊現代の、いつもの煽り記事です。しかしながら、昨今の世界情勢を見てみると、強ち無視はできないのかなと、弊社代表の安達は考えます。
ていうか、この記事自体、かの国の偽旗作戦かしら?

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

安達の所感②

日本は、地震大国であり、近い将来、「南海トラフ地震」や「首都直下地震」が必ず起こると言われ、
政府や自治体、企業等で、様々な防災対策が練られています。これに加えて、昨今の不安定な世界情勢。
「南海トラフ地震」や「首都直下地震」に加え、核兵器やミサイル、軍事衝突の脅威にも備える必要があるかもがあるかもしれません。
都心にお住いの方は、万が一に備え、地方にも避難先としての生活拠点を持つ「2拠点生活」を、本格的に検討する必要があるかもしれません。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ