重要人名及びAIによる続編:北条政子

2022-10-16

ノウハウ

※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

本ブログでは、小学生向け「重要人名事典」受験研究社刊
記載の文章をAIに読ませ、その続編をAIに考案させたものです。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

記載内容

①源頼朝の妻で、北条時政のむすめ。源頼朝の死後出家して尼となり、父や弟とともに政治を行い、尼将軍とよばれた。
②頼朝が伊豆に流されていたとき妻になり、頼朝の死後は、子の2代将軍頼家の後見者としてこれを助けた。政治上の対立から弟義時とはかって父時政を追放し、義時を執権にして、幕府の実権をにぎった。
3代将軍実朝が暗殺されたあと、名だけの将軍を京都の藤原氏からむかえいれ、政治を自らとった。1221年、後鳥羽上皇が幕府をたおそうとして承久の乱がおこると、御家人に「頼朝のご恩」を説いて幕府内の結束をかため、乱を勝利にみちびいた。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

AIによる続編①

(2) 源頼朝の妻で、その子、織田信長の最初の妻。
(3)源頼朝(みなもとのよりとも)の妻。同名の尼僧で、将軍家の庇護のもと、京都市を治めるために派遣された。1327年、藤原氏によって退けられ、伊豆(現在の京都)に連れて行かれ、囚われの身となる。しかし、その後、彼女は藤原氏の大義名分を得て、藤原氏討伐に協力した。1344年、京都に戻ることが許された。
(4)源頼朝の妻。同名の尼僧で、将軍家の庇護のもと京都の町を治めるために派遣された。1327年、藤原氏によって退けられ、伊豆(現在の京都)に連れて行かれ、囚われの身となる。しかし、その後、彼女は藤原氏の大義名分を得て、藤原氏討伐に協力した。1344年、京都に戻ることが許された。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

AIによる続編②

(5)京都の二代目将軍の娘。尼僧で、幕府から派遣され、京都を統治した。父の死後退位させられ、捕虜として伊豆に連行された。
(6)京都の二代将軍の娘。尼僧で、幕府の援助で京都を統治するために将軍から派遣された。父の死後、退位させられ、捕虜として伊豆に連行された。
ピーター・G・ソーン氏は、ブリティッシュ・コロンビア大学で日本研究のカナダ研究講座の会長を務めています。著書に「Shogun: The Rise and Fall of Japan's Most Powerful Dynasty" (University of British Columbia) など多数の著書がある。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ