重要人名及びAIによる続編:源義経

2022-10-16

ノウハウ

※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

本ブログでは、小学生向け「重要人名事典」受験研究社刊
記載の文章をAIに読ませ、その続編をAIに考案させたものです。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

記載内容

①源義朝の子、頼朝の弟。幼名を牛若といい、頼朝が兵をあげると、これに加わり、平氏を一ノ谷・屋島・壇ノ浦と追ってせめほろぼした。
②しかし、平氏追討の際、頼朝のさし向けた梶原景時と対立し、また平家滅亡後、京都にとどまって頼朝の力を弱めようとする後白河法皇に近づきすぎたりして、頼朝との仲が悪くなった。藤原秀衡をたよって奥州に落ちのびたが、秀衡が亡くなるとその子泰衡は頼朝の圧迫に負けて義経をふいにおそい、義経は衣川の館で自害した。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

AIによる続編①

(2)元浅草警察署長。関ヶ原の戦いの後、後藤を逮捕しようと、武士の別働隊を含む浅草警察を指揮した。失敗したとき、木木沢は辞職して警察に出頭し、逮捕されて戸田宮に送られ、罪を償った。
(3) 元浅草警察署長で、秀吉の死後、宮中に出仕していた人物。秀吉の死後、宮中に出仕し、後に一時期は代官を務めた。吉田の処刑の日、処刑に立ち会った木木沢と家臣の一人が呼び出され、罪状を問われた。二人は有罪となり、死刑となった。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

AIによる続編②

(4) 元大阪府警本部長で、光房の死去に伴い、光房の法廷に同席していた人物。戸田宮に送られ公卿となり、さらに京の宮に送られたが、京に留まることを望まず、1492年、京の都の臨時総督に選出された。1493年、クーデター未遂の罪に問われ、罷免された。1496年、前警察庁長官・重政の殺害容疑で起訴される。1497年4月、有罪が確定し、信濃町の中央牢獄で絞首刑に処された。
(5)元名古屋警察署長で、大友の死去に伴い、大友の宮廷に参内していた。戸田宮に出仕して公家となり、さらに京東宮に出仕したが、京東に留まることを望まず、1492年に奉行として選出された。1493年、クーデター未遂の罪に問われ、罷免された。1496年、元警察庁長官・重政の殺害事件で尋問を受けるが、無罪となった。その後、1496年に弘法大師を倒そうとした罪に問われ、1497年4月21日に信濃町の中央牢獄で処刑された。
(6) 元東京府警本部長で、大友の死後、大友の宮廷に参内していた

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ