宴の終焉の予感?新発10年債取引不成立に関する弊社代表の所感

2022-10-12

FPサービス

※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

本ブログでは、以下の記事
MSN
時事通信、2022/10/11 20:43 配信
に関する、弊社代表の安達の所感を記述します。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。


記事の概要

『11日の東京債券市場では、長期金利の指標となる新発10年物国債の取引が成立しなかった。不成立は今月6日から3営業日連続で、日本相互証券によると、新発10年物国債を指標とする現行制度になった1999年3月以降で初めて。』
『日銀は現在、特定の利回りで国債を無制限に購入する「指し値オペ」で、長期金利を0.25%以下に抑え込む金融緩和策を実施している。しかし、世界的なインフレの進行で長期金利は上昇(債券価格は下落)圧力が強まっている。日銀が無理やり金利を抑え込み、債券市場にゆがみが生じている格好だ。』

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

安達の所感①

要は、日本国債の所有者が、日銀が提示する金利で売る人、誰も居なかったって事でしょ?
しかも3営業日連続で。
日本国債の所有者が、既に長期的な金利上昇を見越している、と思われます。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

安達の所感②

日本国債の所有者は誰か? 日本国内の金融機関が多数所有していると言われます。
日本国債の所有者たる日本国内の金融機関が、既に長期的な金利上昇を見越していると、
弊社代表の安達は感じております。
という事は、金融機関が貸し手となる、住宅ローンや収益不動産向けローンが「利上げ」の方向に
傾いていることは、想像に難くないです。
高嶺を誇ってきた不動産相場。宴も終焉に向かいつつある、という事か。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

<その他おすすめ情報>

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ