創作物語「生き物とコミュニケートできるオンナ」:変わった晩ご飯(後編)

2022-10-12

婚活仲人

※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

ここでは、弊社代表の安達による創作物語「生き物とコミュニケートできるオンナ」
を記述します。

婚活をお考えの方は、是非、日本仲人協会 新宿区大久保支部

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。


記述その1

「さっき、ペディキュアをぬったのよ!」しばらくすると、栖原とも子はペちゃぺちゃ音をたてながら言いました。そして、右の足を高くあげると、目を丸くしている客人の前で指をひらひら動かして見せました。つめは、五色にぬられています。黄色、緑、オレンジ、ピンク、それに、うすむらさき色です。
「きれいでしょ?」栖原とも子は、足の向きを変えながらたずねました。
パパとおばあちゃんは必死になって笑いをこらえています。けれどもママは、しかめっつらをしました。「白身魚のフライは自分で作りましたの」栖原とも子は語りました。
「けさつかまえた新鮮な魚ですわ。小さなボートがあるので、ときどき漁に出ますのよ」
「この次は、わたしもいっしょに行ってもいい?」栖原ピコーンがお母さんにたずねました。
「ボートにのれば海に出られるわよね......泳げないけど」
「あら、おちびちゃん、それはむずかしいわ。ボートにのるのに、まず浜を越えて桟橋に行きつかなければならないのよ。車いすでは、砂にはまって桟橋にたどりつけないわ」
栖原とも子は残念そうに言いました。
「おんぶしてあげればいいんじゃありません?」ママがたずねました。
「栖原ピコーンがいやがるんですの」
すると、栖原ピコーンはしっかりとした口調で説明しました。
「足は動かないけれど、運んでもらわなければならないほど弱虫ではありません!」
テーブルを囲んでいた人たちはだまりこんでしまいました。そのとき、おばあちゃんがすてきな提案をしました。
「木の板で、テラスと桟橋をつなぐスロープを作ったらどうかね?」
「そんなことができたらすてきね。でも、そのためには大工さんをやとわないといけないし......」栖原とも子は弱々しく笑いました。「いいえ、その必要はないわよ!」おばあちゃんが答えました。
「栖原とも子さん、おばあちゃんは世界一の大工ですょ」パパはにこにこ笑いました。
栖原とも子は驚いた表情で、まずパパを、それからおばあちゃんを見つめました。
「なにもしないでずっと浜辺で寝っころがってばかりではたいくつだよ」おばあちゃんが言いました。「でも、スロープを作れるんだったら、楽しい時間がすごせそうだよ」
栖原とも子は顔をかがやかせましたが、栖原ピコーンはためらいがちにほほ笑みました。

婚活をお考えの方は、是非、日本仲人協会 新宿区大久保支部

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

記述その2

「では決まり!」おばあちゃんは栖原とも子とあく手をしました。「材料を用意してくれたら、わたしがりっぱな道を作ってあげようじゃないか!」
きみ江の横では、盆栽とドン中西が夢中になって食べていました。二匹はいったいなにを食べているのでしょうか?栖原とも子は、動物たちのカラフルな皿を不思議そうに見ているきみ江に気がつきました「同じものよ。白身魚のフライ。でもケチャップとモモのジャムはなし」栖原とも子はウィンクしました。
そのとき、ドン中西がニャアニャア鳴き始めました。
「すばらしいお味ですこと!自分でしとめたネズミよりも口に合いますわ」
盆栽もペチャペチャ音をたてながら言いました。
「すっごくおいしい!これはなんだい、きみ江?」
「新鮮なお魚よ」きみ江はいつものように答えました。
次の瞬間、きみ江の体がかっと熱くなりました。またしてもやってしまいました!動物と話してしまったのです。きみ江は胸をドキドキさせながら、テーブルを囲む人たちを見回しました。家族はみんなぎょっとしてきみ江を見つめていました。栖原とも子は、テーブルがとつぜん静かになってしまったことに驚いているだけでしたが、栖原ピコーンはうたぐり深い表情できみ江から動物たちへ目をやりました。
すると、柳原家の人々はとつぜん目ざめたように、せわしくしゃべり始めました。パパは夢中になって残っている魚のフライをぱくぱく食べると、大げさに感動してさけびました。
「うわあ、ほんとに、とてもおいしかった!」
ママはかん高い声で関係ないことをさけびました。
「あしたは雨がふるんですって!」
おばあちゃんは大急ぎで立ちあがると、いすをガタガタゆすりました。
「いすがぐらぐらするね」
栖原とも子は、客人がとつぜん活気づいたので喜んでいました。

婚活をお考えの方は、是非、日本仲人協会 新宿区大久保支部

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

記述その3

「あら、ほんとうにいすがガタガタしてますわね。玉枝さん、おっしゃる通り、ここの天気はとても変わりやすいんですのよ。よくなったり悪くなったり。いつもなにかしらお天気の変化がありますのよ。でも、天気がない日はありませんものね!」
栖原とも子はまったくあやしんでいませんでした。一方、栖原ピコーンのしんけんな、探るような表情は、いつまでもごまかしつづけることはできないわよ、ときみ江に物語っているようでした。
「ああ、おいしかったわ!」栖原とも子は食事をおえると立ちあがりました。
「かたづけは、ひとりでできますわ。栖原ピコーンもいますし。テラスで新鮮な海風をもう少し楽しんでくださいね」
「ありがとう」おばあちゃんが答えました。
みんなは外に出ると、きんちょうした面持ちできみ江をとり囲みました。
「きみ江、動物に返事をするなんて、軽率すぎるわ!」ママは腕組みをしてがみがみしかりつけました。
「そういうことをやってほしくなかったのよ!」
「まあ、そんなにたいしたことではないよ」パパがなだめようとしました。
「あんな小さなできごとで、きみ江が動物と話せるなんて、ふつうは考えないよ」
「そんなに大きな声を出さないでちょうだい......」
ママは小さな声で言いました。
「栖原とも子はきっとなにも気づいてないですよ」
権田原浪太郎が言いました。
「ああ、栖原とも子!」
ママは腹を立て、はきすてるように言いました。
「あの人、少し頭がおかしいわ!パスタにジャムをかけたり、足をあげてペディキュアを見せたり、お天気がない日はないとか、もうわけわかんない!」
「玉枝!」
おばあちゃんが、爆発しそうなママの怒りをおさえました。
きみ江はおばあちゃんの次の言葉を待っていました。すると、やっぱりその通り。おばあちゃんはきびしい声で命令しました。
「田んぼ!」

婚活をお考えの方は、是非、日本仲人協会 新宿区大久保支部

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

日本仲人協会HPの仲人マップにおける
弊社代表 安達のプロフィールは、コチラを参照下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

<その他おすすめ情報>

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ