とある書籍について⑭

2022-10-11

ASD同志へ

※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

弊社代表の安達は、「ASD友の会」代表世話人も務める。
さて、
「大人のアスペルガーのためのソーシャルスキル・ガイド」
ジェネビー・エドモンド、ディーン・ウォートン 著、小谷裕実 訳、人文書院、2011年12月刊
これは、弊社代表の安達のブログ
にても記載したが、弊社代表の安達が、かつて
『自らが所持する「精神障害者手帳」を錦の御旗のように掲げ、自らが社会に適応する事なく、勤務先や家庭内、周囲の人間に対し「ASD者に対する配慮」ばかりを求めていた』きっかけになった書籍である。

本ブログでは、この著書の一部引用、そして引用箇所に対する弊社代表の安達の所感を記載する。


相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。


どんな場合でも人とうまく関われるヒント:Part1

これまで強調してきたように、コミュニケーションや人との関わりにおいては、単に何を話したか、ではなく、どのように話したか、人にどのように理解されたかが大切です。社会的交流において、非言語メカニズムを使うことが正解で、唯一のコミュニケーション方法なのでしょうか?これは、単に大多数の人々がそのように選択しているだけであり、従ってアスペルガーの場合、先天性の障害であるというより、むしろ大勢の中において不利な立場にあるだけなのです。しかしながら、非言語コミュニケーションを使いそして理解することは、人とうまくやっていくために不可欠なことです。神経学的に違いがあろうとなかろうと、完ぺきに自己表現をし、他者の非言語コミュニケーションを読み解くことは誰にもできない、と言っても過言ではありません。全ての非言語社会コミュニケーションは、事実に基づいて定量化できるものではなく、解釈の問題が生じ、議論の的となります。
アスペルガー症候群であれば、自分とは異なるコミュニケーション方法の獲得に、少しばかり努力しなければならないと悟ることが重要です。たとえどんなに努力しても、あなたは他者を誤解することがあり、他者もあなたを誤解することがあります。しかし、あなたが努力し続ければ、それだけコミュニケーションが容易になります。あなたの周囲の、アスペルガー症候群や自閉症に関心を寄せるできるだけ多くの人々に、自閉症スペクトラムの本質と強みについて伝えるように努めましょう。人々に、井戸の外の世界について知らせること、つまり、人との関わり方はひとつに限らず、大多数の行う方法が必ずしも正しい方法ではない、と伝えるよう心がけましょう。社会の理解が進めば、他者とより効果的に関わることが容易になるでしょう。ここで、どのような社会的場面でもうまく関わるのに役立つヒントを紹介します。

・笑顔

アスペルガーの人々の多くは、気持ちを表現する際、定型発達者とは異なる表情を示す傾向があります。(人に伝えてもらう、あるいは直接自分で説明してもいいので)このことを他者に気づいてもらうと、人と関わるときに本当に助かります。アスペルガーの中には、全ての考えや感情の表現に、ひとつかふたつの表情しか持ち合わせていない人もいます。それ以上の表情をもっていても、ある社会的状況下では時に不適切な、顔面チックやしかめ面を見せることがあるかもしれません。試してみる価値のある表情は、偽りのない笑顔です。"笑顔よし"ということばがあるように、シンプルな笑顔は他者とのよい関係を築く手段となります。その場合、"心から"微笑もうとも努力して下さい。"私は人と仲よくするためにここにいるのだ。人には愛想よく礼儀正しく接し、私もまたそのように接してもらいたい。私は人の敵ではなく、人も私の敵ではない"。心の中でこのように感じることができれば、笑顔はさらに偽りのないものとなるでしょう。あなたの表情がどのように見えるか、率直な意見を述べてくれる人々と共に、笑顔の練習をしましょう。

・名前を呼ぶ

多くの人は、関わり合うときに名前で呼ばれるのが好きです。それは、人として確かに認められている、あるいは大切にされていると思わせるからです。アスペルガーの人は、親密すぎるあるいは不適切であると感じて、これを不快と感じるかもしれません。本当にだれかと関わりたいとき、好意を持たれたいとき、あるいは注目されたいとき、名前で呼び合うことはコミュニケーションをとる上で、より強い印象を与えるでしょう。


相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

どんな場合でも人とうまく関われるヒント:Part2

・話しやすい態度

これは、話す内容ではなく、どのような態度で話をするかということです。非言語(つまり声のトーン、表情、ボディーランゲージ、含みなど)的に、自分の心の中の思いや感じ方を表現することの少ないアスペルガーの人たちにとって、微笑んでいるのは難しいことです。しかし、信頼できる友だちと、体をリラックスさせる練習をし、あなたがどのくらい話しやすい雰囲気であるかを尋ねてみましょう。多くのアスペルガーの人たちは、不安があるために、とても"かたい"、あるいは"過度に儀礼的"に見えます。リラックスして見えるように、姿勢をほぐしてみましょう。これが難しいようでしたら、姿勢を"ひらく"ように心がけ、腕組みをしないでおきます。こうすれば、飲み物や、新聞、その類のものを手に持っておくことができます。体は、相手に対して正面を向き、後ろ向きにならないようにしましょう。

・身体的個人空間(パーソナルスペース)

これは、社会的場面においてあなたの考えや感じ方を伝える他者への合図として、とても重要なものです。あまりに多くのアスペルガーの人たちが、自分の身体的個人空間を誤解し、謝った合図を送るという状況にあります。中でも最悪なのは、ぴったり誰かの横に立つことで、これは攻撃的であり嫌がらせのようにもみえるでしょう。あまりに離れ過ぎて立っているのは奇妙であり、社交的な関わりに興味がないことを故意に示しているようでもあります。他の人がどのようにしているのか、観察して学びましょう。人との距離については、一般的な暗黙のルールがありますが、これを明確に定義することはできません。人と一緒にいるときに周りを見て、適切な距離を知りましょう。

・ボディーランゲージ(身体言語)

もし、ボディーランゲージがどのように受け止められているのか分からない、あるいは、自分自身の体をどうすればいいのかわからないようなら、人のしていることを観察してください。ボディーランゲージには、性別によって重要な違いがありますので、あなた同じ性別の人を真似てみるのです。人のボディーランゲージをコピーして真似るのはいいアイデアですが、実際には真似ていることを知られないよう、巧妙な方法でやってみましょう。会議で自然と腕を組み下を向くことがあります。この態度は一般的に防衛的かつ攻撃的に見えますが、あなたには、そのように解釈されているとは思いも及ばないでしょう。

・アイコンタクト(視線)

これについては、本書の中で後から詳細に述べます。しかし、基本的なルールとして、たいていの場面ではアイコンタクトは少ないよりも多いほうがよいでしょう。

・相槌を打つ

関心をもっていると、相手に対してはっきりと示すのが目的です。つまり、人の話に関心があるときには、可能であればそれを非言語的にはっきり示す必要がある、ということを意味します。うなずいて、視線を合わせ、あるいは"そうなんだ""知らなかったよ""もちろん""うーん""はい""本当に?""えぇ!""わぁ"などのことばの合いの手を入れます。相手があなたへの話を終えたら、すでに話されたことを要約してくり返し、相手に投げ返すことも効果があります。


相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表の安達の所感

「どんな場合でも人とうまく関われるヒント:Part1」に関しては、
「アスペルガー症候群であれば、自分とは異なるコミュニケーション方法の獲得に、少しばかり努力しなければならないと悟ることが重要です。」は、弊社代表の安達も同意。
「あなたの周囲の、アスペルガー症候群や自閉症に関心を寄せるできるだけ多くの人々に、自閉症スペクトラムの本質と強みについて伝えるように努めましょう。」ついては、やりすぎ・独善的にならないよう、注意が必要。
「笑顔」に関しては、「偽りのない笑顔」「"心から"微笑」むとは一体何か。ASD者向けに
具体的な説明(できれば数値化できるレベル)が必要。
これ抜きに、ただ「"心から"微笑」むようにしましょうと言われても、ASD者には、何の事だかさっぱり理解できない。
「名前を呼ぶ」に関しては、定常者の世界では「○○の場面では、相手の名前を呼ぶ」と公式化すれば、ASD者が対応しやすくなる。

「どんな場合でも人とうまく関われるヒント:Part2」に関しては、文章に具体性が増えてきたので、
ASD者にとって、分かりやすいか。
どれも、ASD者側に、具体的な訓練が必要と思われる。


相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ