いよいよ人事本格化?日銀次期総裁に関する所感

2022-10-08

FPサービス

※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

本ブログでは、以下の記事
MSN
朝日新聞社 2022/10/07 06:00 配信
に関する、弊社代表の安達の所感を記述します。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。


記事の概要

『政府、日銀周辺で候補として名前が挙がるのは、2人の日銀出身者だ。』
『一人は副総裁を務める雨宮正佳氏。(中略)黒田氏の下で、大量の国債買いやマイナス金利政策といった、これまでに例のない金融緩和策の立案に携わった。
『もう一人の候補と目されているのが、雨宮氏の前の副総裁だった現大和総研理事長の中曽宏氏だ。豊富な危機対応の経験から、「緩和の出口を担う総裁は、中曽の方が向いている」と推す日銀関係者もいる。』
『財務省出身者も取りざたされる。アジア開発銀行総裁の浅川雅嗣氏で、黒田氏と同じ財務官経験者だ。長く財務相を務めた麻生太郎氏が、首相の時に秘書官を務めた経験がある。』

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

安達の所感①

「ははーん。これは、分かる人には分かるように書かれた記事だな」、弊社代表の安達は、そう感じました。
弊社代表の安達のこれまでの人生経験で、新聞などのマスコミが「大事なメッセージを、分かる人には分かるように記述する」事が、たまにあります。具体的には、朝日新聞、日本経済新聞、及び日本駐在の海外メディアが、たまにこういった記事を出す事があります。
韓国の中央日報がすっぱ抜いた、安倍元首相の辞意報道に関しましては、
弊社代表の安達のブログ
を参照下さい。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

安達の所感②

そして今回の記事。この記事では、日銀の次期総裁が誰になるかによって、日本の金融政策が大きく左右されると言いたのでしょう。
弊社代表の安達が、この記事を読み解くと、
・雨宮正佳氏の場合、現総裁の黒田氏の金融緩和策が継続されると思われる。
・中曽宏氏の場合、金融緩和の出口が模索されると思われる。
・浅川雅嗣氏の場合、それまでの経歴から、政府の積極財政に加担すると思われる。
となります。

で記載した、金利上昇する時期にもかかわりますが、
日銀の次期総裁レースの本命が「中曽宏氏」の場合、
「金融緩和の出口が模索される」 = ゼロ金利政策の終焉 = 日本における金利の上昇
という見立てになります。

この点に注目して、今後のニュースをご覧いただければと、弊社代表の安達は考えます。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

<その他おすすめ情報>

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ