重要人名及びAIによる続編:空海

2022-10-03

ノウハウ

※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

本ブログでは、小学生向け「重要人名事典」受験研究社刊
記載の文章をAIに読ませ、その続編をAIに考案させたものです。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

記載内容

①平安時代はじめのころの僧。真言宗を広めた。
②中国(唐)にわたり、真言密教を学んだ。帰国後、高野山に金剛峰寺を開き真言宗を広めた。天皇の保護を受け、貴族の間にも広まった。死後、弘法大師という号がおくられた。東寺(京都)に綜芸種智院という庶民のための学校を開いたり、農民のために橋や池をつくるなどの社会事業にもつくした。書道の達人としても知られ、嵯峨天皇・橘逸勢とともに三筆とよばれている。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

AIによる続編①

(3)嵯峨天皇。父・弘法大師は嘉吉王の子孫である。父も天皇の庇護を受けていた。父の死後、嵯峨天皇は軍を率いてモンゴルを討伐し、その並外れた武勇で知られた。また、農民のために橋や池を作るなど、社会事業にも取り組んだ。
(4)橘逸勢(たちばないせい)天皇。父・嵯峨天皇は嘉吉王の後裔。書道の名手としても知られ、嵯峨天皇とともに「書道三人衆」と呼ばれる。15歳で皇位を継承し、"近代日本人の祖父 "と称される。また、独自の書風を持つことでも知られる。
(5)重光天皇。古城王朝で唯一存命の天皇。新しい書風を確立したことで有名で、数々の重要文書を作成したことでも知られる。また、農民のために橋や池を作るなど、社会事業にも取り組んだ。
(6)弥生天皇と赤井天皇。二人とも直系の祖先がおり、みな6歳で皇位を継承した。弥生は年齢が高いためにすべての栄誉を受けられなかったので、二人の関係は難しいものであった。弥生は "近代日本人の母 "として知られている。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

AIによる続編②

日本人が初めて中国に渡ったのは、次の人たちである。
(1)相馬王。明の皇帝の時代に皇帝と国交を結んだ。明の皇帝の死後、相馬は真言宗を創始した。(2)後宮(ごぐう)天皇。日本の支配者として初めて皇后の持参金を受け取った。
(3)継体天皇。20歳で天皇の庇護を受ける。外交的功績で知られる。(4)継体天皇(よしひろ)。18歳で天皇の庇護を受ける。外交上の功績で有名。(5)後榊天皇。16歳で天皇の庇護を受ける。外交上の功績で知られる。(6)応神天皇と秀忠天皇。この2人の天皇は、外交的な功績で知られている。
(7)平城天皇

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ