重要人名及びAIによる続編:最澄

2022-10-03

ノウハウ

※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

本ブログでは、小学生向け「重要人名事典」受験研究社刊
記載の文章をAIに読ませ、その続編をAIに考案させたものです。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

記載内容

①平安時代はじめのころの僧。804年、桓武天皇(767~822)の命令で唐にわたって天台宗を学び、帰国して比叡山に延暦寺を開いて天台宗を広めた。
②奈良の僧たちと対立したが、死後その教えがられ、朝廷から伝教大師という号がおくられた。天台宗や真言宗は、奈良時代の仏教のように、政治と深く結びつくことがないように、山中で信仰と学問に専念する仏教であった(山岳仏教という)。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

AIによる続編①

電業大師
大法
天台宗の開祖。788年、京都に生まれる。788年、京都に生まれ、宗祖に師事し、伝教大師と号した。782年に中国に渡り、793年に天台宗の始まりの地である鶴山に到着した。そこで大正義塾を創設した
大鵬が深く関わった日本の天台宗は、浄土教の一派であった。浄土とは、浄土で仏になれば死なないとする教義である。浄土とは、死後、仏陀が生まれ変わる地上の土地である。浄土は、すべての浄土真宗の修行者の目標である。浄土は修行者が永住する場所(仏教の図式)ではない。それは(人間として)生きることができる状態であるが、通常の生き方とは全く異なるものである。浄土は、浄土文学では通常、山で表現される。大法は京都に生まれ、その生涯の大半を京都で過ごした。桓武天皇の時代に唐に渡り、天台宗を学んだ。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

AIによる続編②

桓武天皇の時、天台宗を学ぶために唐に渡り、帰途、中国に1年滞在した。783年に帰国し、京都に大正義塾を創設した。大鵬は大正の教師であり、有名な学者であった。有名になった後、彼はその教えを人々に伝えるようになり、多くの人々に大正の教えを広めることができた。大正派は、天台宗の浄土真宗に大きな影響を与えた。両派はしばしば比較され、信者は激しく敵対するようになった。804年、桓武天皇(767-822)の命で唐に渡り、天台宗を学び、帰国後、比叡山延暦寺を建立。 奈良県の僧侶と対立したが、死後、その教えを称えられ、朝廷から伝教大師という称号を授かった。
天台宗や真言宗は、奈良時代の仏教のように政治と深く関わることなく、山中での信仰と学問に徹した仏教(山岳仏教)であった。の仏教である。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ