防火管理制度の意義とその仕組み:第2:防火管理の制度

※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

弊社代表の安達は、東京都消防庁の防火管理者講習を受講、飲食店の防火管理者の経験があります。
本ブログでは、「防火・防火管理の知識」より抜粋致します。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。


防火管理の制度

消防法では、「この法律は、火災を予防し、警戒し及び鎮圧し、国民の生命、身体及び財産を火災 から保護するとともに、火災又は地震等の災害による被害を軽減するほか、災害等による傷病者の搬 送を適切に行い、もって安寧秩序を保持し、社会公共の福祉の増進に資する。」(消防法第1条)と制 定されており、その目的を果たすために、 「火災の予防」、「危険物」、 「消防の設備等」、「火災の警戒」、 「消火の活動」、 「火災の調査」等について規定されている。 
火災予防のためには、消防機関の果たすべき役割は大きいが、消防機関のみに依存するのではな く、国民が自らの手によっても火災の発生を防止し、また、火災による被害の軽減を図るために一定 の役割を果たすことが重要である。 
そこで、消防法第8条第1項は、多数の者が出入りし、勤務し、又は居住する防火対象物の管理に ついて権原を有する者(以下「管理権原者」という。)に対して、防火管理の推進役として防火管理者を定め、その防火管理者に防火管理に係る消防計画を作成させ、計画に基づく消火訓練、火気の取扱いに関する監督などの防火管理上必要な業務を行わせるよう義務付けている。
なお、消防法の規定は、市町村の地域特性等を超越して全国一様に適用されるものであるが、火災 の態様が気候や風土によっても異なるため、その地域における火災予防の目的を十分に達成するため に、市町村の特性に応じて法律の規定に付加した条例を定めているところもある。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

<その他おすすめ情報>

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ