気付け!:11 AIが創造する、独自のストーリー=フェイクニュース?Vol.3

※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

本ブログでは、以下の記事
MSN
の一部を抜粋。AIを使用して、独自のストーリー=フェイクニュースを作成してみました。


弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

抜粋部分

上記の記事のうち、以下の部分を抜粋しました。
米金融大手モルガン・スタンレーのストラテジストは26日、最近のドル高によってリスク資産に「制御できない状況」が生まれ、金融危機や経済危機に陥る可能性があると警告した。
英ポンドが対米ドルで史上最安値を更新する中、ドル指数は20年ぶりの高値を記録した。
モルガン・スタンレーのアナリスト、マイケル・ウィルソン氏らは「株式の底値と金利のピークは、インフレや米連邦準備理事会(FRB)の動向より企業収益と経済の成長軌道によって決まる」と指摘。ドル高圧力により、S&P総合500種は2023年初までに3000─3400に下落し、今回の弱気局面での新安値を付けるとの見通しを示した。
その上で、これをAIに読み込ませ、その続編となる文章をAIに考案させました。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

AI独自のストーリー=フェイクニュース①

3月2日付のEconomist誌の報道によると、欧州中央銀行(ECB)はユーロ圏の債務危機の管理方法をめぐって "迷走 "しており、"道を踏み外した "可能性があるという。ECBは、最短で2週間後に資金不足に陥る可能性のあるギリシャを注視している。しかし、「ECBは金利を上げない限り、ギリシャに債務を支払わせる術はない。そうなれば、ギリシャ人は貯蓄から抜け出し、街頭に出るだろう」とエコノミストは述べている。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

AI独自のストーリー=フェイクニュース②

また、今回のレポートでは、米ドル指数が2000年8月の1,812円以来の低水準に接近していることも確認された。
一方、英国ポンドはBrexitを背景に自由落下しているが、これはある意味、1999年にジョン・メージャー英首相が金利をほぼゼロにしたのと同じパターンの逆転現象である。
下図のように、ポンドは6月中旬のピーク時から対ドルで22%以上下落している。
しかも、英国は米国にとって最大の輸出先の一つであり、輸入先としてもトップである。
また、ポンドはドルに対して相対的に高くなることができる世界でも稀な通貨の一つである。
このグラフは、過去5年間のポンドがドルに対してどのように相対的に高くなったかを示しています。
年平均8.3%のポンド高になっているようで、今後もこの傾向は続くはずです。
そうすると、2017年のポンドの上昇率は18.2%と推定されます。
つまり、今後3年間は年率17.4%以上のポンド高が続くはずである。
1999年のケースと同様、英国の輸出企業が米国で商品を購入する際のコストが高くなるため、英ポンド高の大半は加速されると思われる。
また、1999年当時と同様に、ポンド高が進むと、米国の輸出企業は英国での製品購入が割高になり、打撃を受ける可能性が高い。
例えば、現在のポンドは1.22ドル程度で取引されているが、これは6月に英国がEU離脱を決めた後にポンドが最初につけた値より12%程度低い。
そして、ポンドは当初の水準から12%以上割り引いた状態で取引されているため、英国経済の低迷が続き、米ドル高がさらに進むと、米国の製造業は大きなマイナスを被ることになる。
すなわち、今後3年間、ポンドはドルに対して年率13%以上の円高になると試算しています。
これは、2020年までにポンドが対ドルで17%下落することになる

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

<その他おすすめ情報>

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ