創作物語「生き物とコミュニケートできるオンナ」:夏休み(後編)

2022-09-20

婚活仲人

※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

ここでは、弊社代表の安達による創作物語「生き物とコミュニケートできるオンナ」
を記述します。

婚活をお考えの方は、是非、日本仲人協会 新宿区大久保支部

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。


記述その1

ちょうどそのとき、オンドリが、わらや落ち葉やニワトリのフンをまぜた堆肥の山にぴょんと飛びのり、足元を見下ろしながらほこらしげに鳴きました。
「コケコッコー!これは、おれさまのものだ!ぜーんぶ!全部おれさまのだぞ!」
「おそってはならないですって!禁止するなんて、ひどいですわ」
ドン中西は、気分を害して鼻をつんとあげました。
「残念だなあ。けばけばハトと遊べないなんて」
盆栽はクンクン鼻を鳴らしました。すると、ふたたびぴんと耳を立てました。
「注目!だれかくるぞ!」
ママが近づいてきました。
「あなたたち、ここでなにしてるの?」
ママは不機嫌そうにたずねました。
「みんな待ってるのよ!」
「今、行く」
きみ江は気おくれしながら答えると、うしろめたそうに首をすくめました。
ママは立ちどまり、きみ江を見つめながらため息をつきました。
「きみ江、ごめんね。またいらいらしちゃったわね」
でも、これでおわりではありません。
「だれもいなくていい機会だから、気になっていることを話しておきたいの」
きみ江はけげんな顔でママを見つめました。さて、話とはいったいなんでしょうか?
「あなたの学校の人たちも動物園で働いている人たちも、あなたのその......特別な才能について、今ではみんな知っているわよね......」
ママは話し始めました。
「だからママは先生や動物園の園長さんにお願いしたの。あなたのことを外でふれ回らないでほしいって」
きみ江はごくりとつばをのみこみました。やっぱりこのことです!ママは、きみ江の変わった才能をほかの人に知られることを心配し、いつでもかくすことにいっしょうけんめいです。これまでも、きみ江はふつうではない、とだれかにかんづかれると、すぐに引っ越しをしてきました。
数か月前に今の町に引っ越してきたときも、きみ江の秘密はばれてしまいました。けれども、ここの人たちはこれまでとはちがう反応を示しました。きみ江を怖がる人も、宇宙人みたいな変な子だと考える人もいませんでした。みんな、きみ江に関心を持ってくれましたし、動物と話せることはとてもすてきな能力だと思ってくれています。そして、きみ江は学校がおわると、動物通訳として動物園でお手伝いするようになりました。動物たちが話していることを、園長と飼育係に伝えるのがきみ江の仕事です。こうして、学校だけでなく、動物園でも新しい友だちがたくさんできました。きみ江は、そんな今の生活がとても気に入っています。それなのに、ママの口ぶりは奇妙です。どうしてでしょうか?

婚活をお考えの方は、是非、日本仲人協会 新宿区大久保支部

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

記述その2

「ママはね、テレビや新聞があなたのことにまだ気づいていないので、ほっとしているの」
ママはつづけました。
「あなたの秘密を知っている人はたくさんいるのにね」
きみ江は足元のサンダルをじっと見つめていました。ママはなにが言いたいのでしょうか?
「きっと、あなたのことを話しても、だれにも信じてもらえないんでしょうね」
ママはきみ江のTシャツについたごみをつまみました。
「動物と話せる少女を知ってるなんて言ったら、みんなから頭がおかしいと思われちゃうのよ。だってすごくおかしな話だもの」
きみ江はママを見上げました。
「ママはわたしのことをおかしな子だと思っているの?」
「そうは言ってないわ!」
ママは悲しそうな声で言いました。
「これ以上多くの人に、あなたのその......ふつうでない才能のことを知られないようにすることが大切だ、とママは考えているの。そうしないと、テレビに出たり、新聞に書かれた。り、あなたのことがいろんなところで報告されるのよ。そんなことになってもいいの?あなたは人目にさらされるのが好きではないでしょ!」
「わたし......ううん。そんなのいや」
「ねえ......」
いつも流行の髪型で決め、きれいにお化粧をしているママは、シックなブラウスのしわをのばし、髪を整えました。
「ママはただ、あなたを守ってあげたいだけなの」
きみ江はあやしいと思いながらママを見つめました。ママは心からそう思っているのでしょうか?ほんとうは、きみ江の秘密が表ざたになると、テレビ局での自分の仕事にえいきょうすると心配しているのではないでしょうか?ママは話しつづけました。
「好日なんとかでは目立たないようにしなさい。わかった?みんな、バカンスではのんびりしたいし、動物のことであれこれ聞かれたくないの。そうでしょ?」
きみ江はしゅんとして下を向いていました。ほんとうは、ママは、きみ江がほかのお嬢さんたちのようにふつうでいてほしい、ふつうとちがうのはいや、と思っているのではないでしょうか?きみ江のことをはずかしいと思っているのではないでしょうか?きみ江はこれまでになんどもそう考えたことがありました。でも、そんなことを考えると悲しくなりました。
ママはきみ江の髪をたばねると、すぐにその手をはなしました。
「ママはみんなが楽しめるバカンスにしたいだけなの。あなたにもね!」
きみ江の中にはふつふつと怒りがこみあげてきました。けれども、こぶしをにぎりしめたままだまっていました。三週間も、ふつう。に見えるように気をつけながらすごさなければならないバカンスで、どうやって楽しめというのでしょうか?今までのようなかくれんぼは、もうしなくてもいいと思っていたのに!
「ママは、おかしなお嬢さんのお母さんと言われるのがいやなんでしょ!」
きみ江はとつぜん大きな声を出しました。それと同時に、青ざめました。ママにこんなふうに口をきいたのははじめてです。
ママの視線が、矢のようにきみ江につきささりました。
「それはちがうわ!ママは、ふつうの家族と同じことをしたいだけよ!」
ママはどなり返しました。そのとき盆栽がワンワンほえました。
「おおい、そこのみんな!」
きみ江はとまどいながらふり返りました。すると、ニワトリたちが体をこわばらせ、目を見開いてきみ江を見つめています。動物たちは、はじめてきみ江に出会うといつもこのような反応をします。なにがなんだかわからず、催眠術にでもかかっているかのように、驚いてじっときみ江を見つめるのです。

婚活をお考えの方は、是非、日本仲人協会 新宿区大久保支部

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

記述その3

「みんな元気か?」
盆栽はしっぽをふりながらニワトリに向かってキャンキャンほえました。盆栽は、ニワトリが自分に注目していると思っていました。
「あら、どうしよう!ニワトリ!さわぎをおこさないようにしないと!」
ママは手をひらひらさせてなだめながら、ニワトリから目をはなさずに、小声で言いました。
「おいで、きみ江。逃げるのよ」
ママは、スローモーションのようにゆっくりとうしろにさがっていきました。
きみ江もママと同じように、つま先立ちでうしろにさがりながら、その場からそっとはなれました。ニワトリたちは、ぼんやりつっ立っていましたが、とつぜん、オンドリがすさまじい声をはりあげました。
「あの子を逃がすな!追跡開始!」
メンドリたちはハッと目ざめたように動きだし、コッコッコッコッとさけびながら、きみ江を追いかけ始めたオンドリのあとにつづきました。
「逃げるのよ!」
きみ江は大声でさけぶといちもくさんに走りだしました。
ママときみ江と盆栽とドン中西は、茂みをぬけ、車に向かって全。速力で走りました。そして、風のような速さで車に飛びのると、ママはせかせかと車のエンジンをかけました。
「どうしたんだ?」
パパはあっけにとられていました。
怒りくるったようなオンドリに先導され、鶏の群れが突進してきます。
「あの子をつかまえろ!もういちど、しゃべらせろ!」
「あらまあ、これは驚いた!」
おばあちゃんはハアハア息を切らせながら言いました。「玉枝、発進よ、発進!」
ママはエンジンをかけるとアクセルをふみこみ、ブンブンふかしました。ニワトリは車のまわりに群がっています。すると、オンドリがガタガタと音をたてて車の屋根に飛びのり、大声をはりあげました。
「おおい、そこのお嬢さん!なにかしゃべって!なにかしゃべって!」
メンドリたちもボンネットや屋根に飛びのり、入りみだれて鳴いています。
「そのまま行っちゃうなんて、許さないわよ」
「この子、ニワトリ語ができるよ!」
「この子はあたしたちといっしょにくらしたほうがいいよ!」
ママは、はげしくクラクションを鳴らすと、アクセルを力いっぱいふんで車を発進させました。その勢いで、ニワトリはふり落とされ、ばらばら転がり落ちました。窓の向こう側には、たくさんの羽がひらひら舞っています。頭から落ちたメンドリたちは、羽をばたつかせています。
オンドリは、メンドリたちの上に着地すると、足元でじたばたしているメンドリの群れをじっくり見て、首をのばしてほこらしげに言いました。
「ぜーんぶ、おれさまのものだ!コケコッコー!」

婚活をお考えの方は、是非、日本仲人協会 新宿区大久保支部

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

日本仲人協会HPの仲人マップにおける
弊社代表 安達のプロフィールは、コチラを参照下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

<その他おすすめ情報>

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ