重要人名及びAIによる続編:蘇我馬子

2022-09-14

ノウハウ

※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

本ブログでは、小学生向け「重要人名事典」受験研究社刊
記載の文章をAIに読ませ、その続編をAIに考案させたものです。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

記載内容

①572年に大臣となり、その後、約50年間、政治の中心で力をふるった。
②仏教受け入れ飛鳥(奈良県)に飛鳥寺を建てた。仏教に反対する物部守屋と対立し、激しく争った。用明天皇が亡くなると、天皇のあとつぎなどをめぐって、馬子と守屋の対立はますます激しくなり、587年、馬子は守屋をたおし物部氏をほろぼした。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

AIによる続編①

(2)夕食後、朝4時から5時まで酒を一杯飲む習慣があり、夜中も誰にも邪魔されなかった。(3)浮気は多かったが、特に興味はなかった。愛人はたくさんいたが、みな身分の高い女性であった。(4) 彼はギャンブラーであり、よく大金を賭けた。(5) 自分を神だと思っていたので、よく占いにふけり、幽霊に相談した。庶民には人気がなかったが、かわいそうに思って支持者がいた。(6)彼の髪はいつも櫛でとかされていて、ほとんど人に切らせることはなかった。彼は殿様と見られたくなかったので、髪を短くしていた。(7)酒を飲みながら、馬の一種である刀(カブシ)に乗る習慣があった。(8) 彼はとてもハンサムで、自分の容姿を誇示するのが好きであった。(9)貴族意識が強かったので、着るものに非常に気を使い、絹や柔らかい素材の服は着なかった。革と鉄でできた服しか着なかった。また、狩猟犬をたくさん飼っていたが、これは地元の人たちから買ったものである。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

AIによる続編②

若いころの馬子
636年、馬子は亡くなり、その息子の息子が次の天皇である朝日天皇となった。647年、新天皇は亡くなり、旧天皇の子が皇位についた。朝仁は大東天皇の子である平氏によって継承された。7世紀前半、平安時代から江戸時代にかけての都の人々は、非常に貧しかった。大多数の人は自給自足の生活をしており、家族を養うだけの土地を持っていない家庭も多かった。貧しさゆえに政府は弱く、天皇を見たことのない多くの民衆は、新しい天皇を恐れていた。7世紀前半、民衆の主な収入源は米の収穫であったが、米があまりに少ないため、米作農民はしばしば非常に厳しい肉体労働を強いられた。しかし、米が不足していたため、米作農民は大変な重労働を強いられていた。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ