重要人名及びAIによる続編:聖徳太子

2022-09-14

ノウハウ

※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

本ブログでは、小学生向け「重要人名事典」受験研究社刊
記載の文章をAIに読ませ、その続編をAIに考案させたものです。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

記載内容

①574年、用明天皇の皇子として生まれた。
593年、推古天皇(おば)の摂政となった太子は、蘇我馬子と協力して天皇中心の政治をめざした。
②豪族のはびこるなかで、603年、冠位十二階を定めて、個人の能力による人材の登用をはかり、604年には十七条の憲法を制定して、「和をもって貴しとなす」など、臣民の道を示した。仏教をあつく信じていた太子は、法隆寺(奈良県)や四天王寺(大阪府)などを建て、仏教をさかんにした。これにより、仏教文化である飛鳥文化がさかえた。607年小野妹子らを遣隋使として中国(隋)に送り、対等の外交を行おうとした。また留学生も送って、中国のすすんだ制度や文化を取り入れた。太子がめざしていた天皇中心の政治はその後、中大兄皇子らに受けつがれ、ついに大化の改新が行われることになった。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

AIによる続編①

統一国家の樹立である。624年、太子は自分の時代の歴史を書き始め、626年に『宗廟紀行』として出版された。この本は、日本史の中で最も早く書かれた年代記の一つであり、日本史の古典的作品とみなされている。この『創正紀元』は、日本の過去の重要な出来事や事実が数多く記録されている。その中には、最初の政府の設立、最初の寺院の設立、最初の仏教大学の設立などが記されている。この記録は、江戸時代の歴史書である『日本書紀』(1603-1867)の作成に重要な資料となり、江戸時代の最も影響力のある著作の一つとなった。
(2) 彼の死後、『宗廟紀行』は息子の醍醐天皇に引き継がれた。長男の醍醐天皇も同時代の歴史を書き、その編集は長男の義教公が担当した。636年、父の後を継いで大和朝廷の初代統治者となった。この『宗廟紀行』は、国威発揚のための著作とみなされるようになった。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

AIによる続編②

(3)江戸時代、『創正紀元』は大和帝国の正史となった。江戸時代に書かれた『日本書紀』も、この『創正紀語』から生まれた。1714年に誕生した徳川幕府の成立にも、『創昭紀語』が利用された。1868年、国家が使用する書物として出版された。
(4) 明治初期には、『草双紙』は国家のために出版された。創批』は、徳川幕府のテキストであり、国威発揚のための作品とされた。また、江戸時代(1603年〜1867年)には、この「草双紙」がベースとなった。第二次世界大戦後、『創正紀元』は再び国家のために出版され、1980年代には皇室にも復刊され、皇室の正史となった

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ