不動産売却をする際に注意すべきポイントをご紹介

不動産売却をする際に注意すべきポイントをご紹介 ※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

初めて不動産売却をする方は、どのようなポイントに注意すべきなのかお悩みではないでしょうか。
売却と買取の違いにおいて、また不動産売却が必要な事由によって、注意点が異なります。
この記事で解説していくので、東京都新宿区周辺で不動産売却を検討している方は、ぜひ最後までご覧ください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却と不動産買取の契約の違いにおける注意点

不動産売却と不動産買取は、買主が違います。
一般的に、不動産売却は一般客が対象ですが、不動産買取は不動産会社を相手に物件を売却します。
それぞれにおける注意点として、まず不動産売却の場合は、購入希望者が現れるのに時間がかかる可能性があることです。
一方、不動産買取の注意点は、契約締結から引き渡しまでのスピードが速い反面、市場価格よりも安い価格での売却になることを覚えておきましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

離婚で不動産売却する際の注意点

夫婦で共有名義だった物件を、離婚で不動産売却するケースが多く見られます。
この場合、まずはどのように財産分与をおこなうか検討しましょう。
財産分与の対象は、夫婦で共有名義だった不動産も含まれます。
注意したいことは、残っている住宅ローンの処理です。
財産分与をしても、家の所有者が変わらない場合は良いですが、変更になる場合は複雑な手続きが必要になります。
具体的には、金融機関に相談をして、名義変更やローンの借り換えが必要となる場合もあります。
離婚で不動産売却する場合は、住宅ローンの手続きに注意しましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

相続物件を不動産売却する際の注意点

親などから相続した物件があっても、使い道がない場合は不動産売却を考えると思います。
実際に相続物件を不動産売却する流れは、下記のとおりです。

  • 遺産分割協議
  • 相続登記
  • 相続物件の売却
  • 現金分割

なお、遺産分割協議は単独相続では不要で、現金分割は換価分割をするときのみおこないます。
相続物件を不動産売却する際の注意点は、相続人同士で話し合う機会を十分に設けることです。
万が一、揉め事が起きてしまうと、不動産売却を進められなくなってしまいます。
また、相続によって発生する税金に対しても注意が必要です。
相続物件を売却して利益を得ると、譲渡所得による税金が発生します。
ただし、条件を満たせば「相続財産を譲渡した場合の取得費の特例」を活用して税金を軽減できると覚えておきましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

不動産売却する際の注意点を、ケース別に解説しました。
専門的な知識を要する事項が多いため、わからないことがあればお気軽に弊社へご相談ください。
東京都新宿区をメインとした不動産の売却をご検討中の方は、「株式会社アダチ」の無料査定依頼をご利用ください。
また、今すぐ現金化したい、スピーディーに不動産を売りたいなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ