発達障害者の認知の歪み?について

2022-08-25

ASD同志へ

※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

弊社代表の安達は、「ASD友の会」代表世話人も務める。ASD者でもあり、発達障害者でもある。
さて、本ブログでは、以下の記事
MSN NEWS
藤田 和恵、東洋経済ONLINE 2022/08/25 08:00 配信
における弊社代表の安達が気になった点をAIに読ませ、その続編をAIに考案させたものである。


相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。


弊社代表の安達の気になった点

上記記事の、以下の記述が気になった。弊社代表の安達も、かつては同じような認知を持っていたからだ。

エイジさんは発達障害の特性を持っている。「お昼ごろ」というあいまいな指定ではなく、「〇時ごろ」と具体的な時刻を伝えられていれば、行き違いは生じなかったかもしれない。とはいえ、トラブルは現に起きてしまった。エイジさん自身も来客に迷惑をかけたという自覚があった。
どちらかというと口下手なエイジさんがぽつぽつとこのときの心情を振り返る。
「僕にとっての『ごめんなさい』は、『なんでも言うことを聞きます』と言うのと同じくらい重大なことなんです。相手から『土下座しろ』『殴らせろ』『金を出せ』と言われたら、その通りにしなければいけない。そんなふうに考えてしまうんです」


相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

AIによる続編①

高橋、英二、山下の3人は、エイジ氏の話をもとに校長室に呼び出され、「校長はエイジ氏を重大な犯罪を犯した生徒と同じように扱うことを理解している」という内容の文書にサインを求められた。そこで高橋は、校長がエイジ氏を重大な犯罪を犯した生徒と同じように扱うことを理解している旨の文書に署名するように言われた。高橋さんはこれにサインし、校長は高橋さんを退学させました。


相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

AIによる続編②

高橋は校長に、エイジ君はいかなる違反行為に対しても処罰されることを望んでおらず、自分が引き起こした誤解に対してのみ処罰されることを望んでいる、と告げた。そこで、高橋は校長に質問した。エイジさんは、10歳の時、叔父に頼まれて初めて京都を訪れた時のことを思い出していた。エイジ氏は叔父にその理由を尋ねた。すると、京都は素晴らしい街であり、そこに行くことが自分の義務であると言われたそうだ。エイジさんは、その人がおじさんであることも聞かされた。そして、その叔父さんが、自分の代わりに話をしてくれるということも聞かされた。そこで、エイジさんは、頼みごとをする叔父のために、その場に立ち会うことを希望した。

認知が歪んでいるの、発達障害者ではなく、定常者に育成されたAIかしら?


相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

<その他おすすめ情報>
 

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ