気付け!:09 AIが創造する、独自のストーリー=フェイクニュース?

※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

本ブログでは、以下の記事
MSN NEWS
の一部を抜粋。AIを使用して、独自のストーリー=フェイクニュースを作成してみました。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

抜粋部分

上記の記事のうち、以下の部分を抜粋しました。
「新型コロナウイルス感染拡大に伴う消費の手控えや将来不安への備えなどから個人の預金額は積み上がっている。一方、預金金利は長らく極めて低い水準で推移。岩永氏は「(顧客が)金融の利益を享受できていない」と指摘し、新たな金融商品の必要性を訴えた。」
「不動産投資では同行が強みを持つ信託の枠組みを活用。今後具体的な商品設計を進める。」
その上で、これをAIに読み込ませ、その続編となる文章をAIに考案させました。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

AI独自のストーリー=フェイクニュース①

当四半期の当期純利益は62億円(5.5%)増加しました。の増益となりました(2011年第4四半期比では200億円の増益)。しかし、当期純利益は前年同期比3.3%減少しました。これは主に、米国を拠点とする日本の金融会社の米国支店であるユー・エス・トラストからの当期純損失によるものです。また、同社の主要融資先であった米系投資銀行スターリング・トラスト社からも損失が発生していた。しかし、当四半期の純利益は、同社が保有する残りのU.S.トラスト株式を売却したことにより、増加しました。(また、米国のWMP証券への出資分についても19億円の利益を計上しました。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

AI独自のストーリー=フェイクニュース②

第4四半期は6億円の当期純損失となりました。(第3四半期は31億円の純利益、第4四半期は19億円の純利益を計上)。U.S.Trustの当期純損失は270億円、SterlingTrustの当期純損失は300億円でした。U.S.トラストの第4四半期の純利益は、米国の保険・再保険事業の再編や、米国の投資銀行事業の再編の影響を受けました。また、米国の投資銀行事業において74億円の当期純利益を計上しました。

当行は、米国政府から、当行の事業再編および金融資産取得のための追加的な資金援助が得られると予測しています。しかし、当行は、米国政府から新たな資本金の支払いを受けると見込まれる金融支援の撤退の可能性にも備えています。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

<その他おすすめ情報>
 

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ