10歳までの子育て:ひとりっ子のデメリットはこう克服しよう

※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

ひとりっ子は、育っていく過程で、きょうだいのいる子がしている人間関係の経験が不足しがちになります。学校などの集団生活で多くは克服されますが、親がサポートすることができる点もあります。
次に、解決策を考えましょう。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。


ニガテ1:友達の輪に入るのが苦手

「うちの子はひとりっ子のせいか、お友達の輪の中に入るのが苦手です。幼稚園や公園でも、ほかの子がグループで遊んでいる中に入れません。まわりをうろうろしていたりします。気がつくと私のところに戻ってきます」
ひとりっ子でなくても人見知りをする子はいるし、内気な性格の子はいます。
ひとりっ子の場合は、親が克服するために少し手助けをしてあげるといいでしょう。同い年くらいの子どもが多い場所に行く機会を増やして、徐々にならしていくことです。たとえば次のようなことです。

●異年齢児と交流する

いちばんよいのは、保育園などで日ごろから少しだけ年齢の違う子どもといっしょに過ごし、「疑似きょうだい」を作ることです。ボーイスカウトやガールスカウト、夏休みのキャンプなどに参加するのもよいでしょう。

●親が手本を見せる

小さな子が、「仲間に入りたいけれどその方法がわからない」という場合、親が手本を見せてあげましょう。子どもを連れていって、親が「何してるの?」「入れて」とほかの子どもに話しかけてみましょう。

●先回りしすぎない

子どもにうまくやってほしいあまり、「そんなワガママを言うと嫌われるよ」など、先回りして子どもに言うのは控えましょう。自分でやってみて失敗することではじめて子どもは学べるのです。

●相手の視点に立つことを覚える

きょうだい間では、日常でやったりやりかえしたりする中で、相手の気持ちを学んでいきます。ひとりっ子には、「そういうことをしたら、○○くんはどう思うかな?」と問いかけてみましょう。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

ニガテ2:弱い者への思いやりが足りない

「ひとりっ子でわがままに育ってしまったのか、思いやりが足りません。下にきょうだいのいるお友達の様子を見ていると、面倒を見てあげたり、遊びの時も合わせてあげたりしているのに。自己中心的な大人にならないか心配です」
親からいっぱい愛情を与えられているひとりっ子は、おおらかでやさしい大人になる可能性が高いです。一方、他の誰かの世話をしたり、親切にする経験が足りないのは事実です。次のような体験を持たせることがおすすめです。

●ペットを飼ってみる

子どもがある程度の年齢になったら、ペットを飼うといいでしょう。ペットは、ちゃんとお世話をしないと、病気になったり死んでしまったりします。ペットを飼う体験を通して責任感を育てるのです。

●お年寄りとふれあう

おじいちゃんやおばあちゃん、近所の人など、お年寄りと接する機会を増やしましょう。まず親が子どもの前で荷物を持ったり席を譲ったりと、「お年寄りにはこうしてあげると親切」という見本を示すことが大切です。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

ニガテ3:ガキ大将タイプの子にやられがち

「いつもいっしょに遊ぶ子はいるけれど、仲良しというより、やられっぱなしの気がします。鬼ごっこでいつも鬼をさせられたり、大事なカードを交換させられたりしています。親が口を出すのもどうかと思い、悩んでいます」「ひとりっ子はおっとりマイペースの子が多いので、ともすると強い相手につけこまれがちです。しかしそこで親が「やられたらやり返せ」と教えてしまうと、自分を守るためなら相手を傷つけてもいいことになってしまいます。また、さらに相手にやり返される危険も出てくるでしょう。
人は、相手に何かと無理強いされて追いつめられると、キレて相手を攻撃するか、ガマンして相手の言いなりになるかのどちらかしかない、と思ってしまうことがあります。そうではありません。第3の方法があります。3相手のこと
も大切にしながら自分の気持ちを伝える「アサーション」です。友達同士、親子間、夫婦間でも有効です。覚えておくといいでしょう。

●[アサーションの例]交換したくないカードを交換しようと強く言われて

×「イヤだって言ってるじゃないかぁ!」と泣いてキレる
×「......じゃあいいよ」と相手の言いなりになる(耐える)
◎「これは、大切にしているカードだから交換したくないんだ。でも、こっちならいいよ」と言う(アサーション)

尚、アサーションに関しまして、弊社代表の安達による「アンガーマネジメント セッション
にても対応しております。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

ニガテ4:欲しいもの、やりたいことがない

「私が手をかけすぎたのか、うちの子は買い物にすごく時間がかかります。お菓子を選ぶのにもどれが欲しいかわからないようです。誕生日プレゼントも何が欲しい?と聞くと、わからないと言います。将来が心配です」ひとりっ子に限らず、今は物欲の少ない子が増えています。社会が豊かで便利になり、自分が欲しがらなくても、いつもすべてが満たされた状態で過ごすことができます。どん欲さに欠ける子どもになりがちです。
「欲」は「意欲」につながり、生きていくうえで重要なエネルギーになります。
子どもへのプレゼントは「子どもが本当に欲しがるものだけを買ってあげる」という原則を立て、子どもにも伝えるといいでしょう。ずーっと欲しいと思って親にアピールしていたものをようやく手に入れた時の喜びはひときわ大きいです。
「何か欲しいものを手に入れるためがんばって働く」ことも学べます。
また、小さなことでも、「自分で選ぶ」習慣をつけることが大切です。たとえばパン1つ買うのでも、親が勝手に決めてしまうのではなく、「自分で選ぶんだよ」と声をかけて、時間がかかっても子どもが自分で選ぶのを待つのです。次の方法もおすすめです。

●欲しいものをアピールするまで待つ

欲しそうなものがあっても、親から「あれ欲しいんじゃない?」などと先取りして言うのはやめましょう。「あのオモチャいいな」「私、あれが欲しいんだけど......」と言い出すのを待ちましょう。子どもがよく考えた末に「お手伝いがんばるから、今度の誕生日に買ってほしい!」と言いはじめると、意欲が高まってきた証拠です。

●選択肢の中から選ばせる

子どもがなかなか「これにする」と選べないときは、「○○と口口とAA、どれにする?」と選択肢を用意して、その中から選ばせてみましょう。3つくらい選択肢があると、選びやすくなります。選んだものが失敗だったとしても、それもまた経験になります。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

ニガテ5:友達との遊びの中で、協調性がない

「ほかの子たちが協力して遊んでいる時でもうちの子だけひとりで勝手に行動します。ルールを勝手に変えようすることもあるようです。協調性がありません。
必要な時は他の人に合わせられる子に育てたいです.....」
「ひとりっ子は、「きょうだい同士で譲り合う」「協力してひとつのことを成し遂げる」という経験が少なめで、協調性がないと見えるのはおそらくそのためです。
けれど、ほとんどの場合が、幼稚園や小学校などで共同生活を送る中で協調性を身につけていくので、さほど心配はいりません。
家庭でさせたいのは、お手伝いの習慣を身につけさせることです。家事を通して人の役に立つ喜びを感じることは、人格形成のうえで重要です。
就学前の子どもなら、興味を持ったことを少し手伝わせればOKです。小学生なら、お風呂洗いやお米とぎなど、それをやっていないとその日ほかの家族が困るような仕事を与えましょう。「家族の一員として、自分には役割がある」「自分は家族の役に立っている」と感じることは、自信につながります。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

ニガテ6:いつもまわりに助けられてばかりで打たれ弱い

「うちの子は泣き虫です。勉強でもゲームでも、うまくいかないとすぐに泣いて、投げ出そうとします。お友達にもよく泣かされていますし、打たれ弱いです。育て方が悪かったのでしょうか」
災害や事故などで同じようにつらい経験をしても、比較的早く立ち直れる人と、そうでない人がいます。心理学ではこの力のことを「立ち直り力(レジリエンス)」と言います。立ち直り力は、「ピンチはあったけれど、結局自分は大丈夫だった」という経験を、幼い頃から何度もくり返すことで養われます。それを支えてくれるのは「親は何があっても自分のことを見捨てない」という実感です。
「子どもがなにかトラブルを抱えて帰ってきた時、その時のつらい気持ちを受け止めてあげることも立ち直り力につながります。「落ちこんでいたけど、受け入れてもらえた」という経験になるからです。逆に、「もっと強くなりなさい」という激励は逆効果で、やりすぎるとかえって打たれ弱い子になります。

●無条件に受け入れられている

親から、「あなたの存在は大切。そのままそこにいるだけでOK」と無条件に受け入れられる経験を重ねることで、「ぼく(私)の存在はOKなんだ」という感覚が育ちます。これが「つらい時にふんばる力」につながります。

●生きるうえでのモデルがある

「あんな人になりたい」「こんなふうに生きていたい」というモデルになる人がいると、「ふんばる力」「立ち直る力」につながっていきます。

●「甘やかす」ではなく、甘えてくるのを受け入れる

親があれこれ手出しして甘やかした子どもは、エネルギーの小さい子になってしまいます。一方、自分が甘えたい時に充分受け止めてもらえた子は、心のエネルギーが蓄えられ、つらい時も「もうちょっとがんばろう」と思えるようになり
ます。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

<その他おすすめ情報>
 

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ