日本の住宅ローン業者大丈夫?弊社代表の安達の所感

2022-08-21

FPサービス

※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

本ブログでは、以下の記事
MSN NEWS
Carmen Arroyo、Steven Church、Maxwell Adler Bloomberg 2022/08/20 01:08 配信
に関する、弊社代表の安達の所感を記述します。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。


概要

上記記事の概要は、以下の通りです。
「米住宅ローン業界で、貸出金利の急上昇を受けて倒産する業者が相次いでいる。こうした倒産の波は、約15年前の住宅バブル崩壊以来で最悪になる恐れがある。」
「今回は金融システムを揺るがすほどのメルトダウンは起きていない。過剰融資の水準が当時とは異なる上、大手銀行は世界金融危機後に住宅ローン事業から手を引いたためだ。それでも、一連の倒産は、業界全体で従業員のレイオフが急増し、一部貸出金利のさらなる上昇につながる得る規模にはなりそうだと市場関係者は見込んでいる。」

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

所感その1

しかし、住宅ローン融資が破綻した結果、平均的な世帯の借金は6,000ドルも増えて73,000ドルになっています。借りている家の価値だけでなく、支払わなければならない利息の金額も加えると、借金の総額は10万ドルを簡単に超えてしまう。このため、アメリカの平均的な住宅は20万ドルになっているのです。
しかし、自宅に対して2つ目の抵当権を設定したり、友人や家族から2つ目の抵当権を取得したりすると、簡単に借金の総額を20万ドルにまで引き上げることができます。つまり、経済がすでに減速しているときに、収入以上の支出をして、借金を増やすことができるのです。
要するに、住宅市場は巨大なバブルであり、それが崩壊すれば、大規模な悪影響が出るということです。
事態がどの程度悪化するかを予測することは不可能ですが、次のチャートはミシガン大学の不動産センターによるものです。
ご覧のように、住宅ローンの数は長年減少傾向にあります。では、この住宅ローンの大幅な増加の原因は何なのでしょうか?
初めて住宅を購入する人の住宅ローンの支払い額の平均は27,500ドルです。2つ目の住宅ローンを組めば、さらに4万ドルも加算されます。
このため、借入金額が収入を簡単に超えてしまうのです。
アメリカの平均的な家の価値が20万ドルになったのは、このためです。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

所感その2

このようなことが起こるのは、私たちの金融システムが非常に複雑だからです。一般の人がそのすべてを理解するには、株式市場、株式市場などの専門家になる必要があります。
残念ながら、ほとんどの人は金融システムをまったくと言っていいほど理解していません。ほとんどの人は、市場の価格や株式市場だけに注目しています。しかし、家を買うなど、経済的に大きな決断をするときに、金融システムを理解しても何の役にも立たないのです。
株式市場が上がれば、彼らはもっとたくさん儲けることができる。しかし、株式市場が下がれば、大損をする。これは当たり前のことです。
しかし、株式市場が下がったらどうだろう?そんなことがあり得るのだろうか?まあ、不動産市場は株式市場と相関が高いから、不動産市場が下がれば、株式市場も下がるだろう。
大きな疑問はこれだ。

そして、弊社代表の安達の大学時代のゼミの担当教授は、日本での新しい波を知るには、
まず、アメリカの現在の状況が参考になる旨、申しておりました。
ゼミの担当教授の専門部屋はマーケティングでしたが、住宅ローン業界にても同じことが言えるのかなと
弊社代表の安達は、感じております。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

<その他おすすめ情報>
 

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ