離婚で考える子どもの不動産の相続権!トラブルを招かないための対処法とは?

離婚で考える子どもの不動産の相続権!トラブルを招かないための対処法とは? ※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

不動産は所有している方が亡くなれば相続権を持っている子どもも相続することができます。
しかし、離婚している場合、子どもが持つ相続権はどのように扱われるのでしょうか?
ここでは、離婚したときの子どもが持つ不動産の相続権の扱われ方と、トラブルを避ける方法についてご説明いたします。

\お気軽にご相談ください!/

離婚後も子どもに不動産の相続権はある?

相続とは、亡くなった方の財産を相続権を持つ特定の人たちによって引き継いでいくものです。
指定がない限り、法定分の割合で相続することとなります。
離婚すると配偶者の相続権はなくなりますが、元夫・元妻の間にできた子どもであれば、不動産に限らず財産の相続権があります。
また、相続権と親権に関係はなく、親権をもっていない方の不動産でも、子どもの持つ相続権がなくなるわけではありません。
さらに代襲相続といって、元夫婦のご両親が健在で元夫婦のどちらかが亡くなってしまった場合、祖父母が不動産を保有していれば、元夫・元妻の間の子どもが相続することができます。
しかし、夫婦の間の子どもであっても相続権がない場合があります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

離婚後の子どもが持つ不動産の相続権!配偶者の連れ子の場合は?

元夫・元妻の間の子どもであれば、親権に関わらず相続権があることはお伝えしましたが、再婚相手の連れ子であった場合相続権はどのように扱われるのでしょうか?
再婚した配偶者に子どもがいた場合、たとえ夫婦になったとして配偶者の連れ子に相続権はありません。
しかし、連れ子と養子縁組を組めば財産を相続させることができます。
注意しなければならない点としては、養子縁組の手続きには時間がかかるということです。
確実に財産を相続させるのであれば、手続きは速やかにおこなうようにしましょう。
また、再婚者との間に生まれた子どもであれば、その子は相続権を持つことができます。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

離婚後の子どもの不動産の相続権とトラブル!避ける方法とは?

財産の相続は、仲の良い親族でもトラブルへと発展しやすいものです。
子どもが相続のトラブルに巻き込まれないように、トラブルを回避する対策を知っておくことも大切です。
遺言書を作成する場合、証人が必要となる公正証書遺言としておくと遺言書が無効となることを防ぐことができます。
また、生前贈与をおこなっておくことも相続によるトラブルを回避することにつながります。
ただし贈与の場合、年間110万円以内に収めておかないと贈与税がかかるので注意が必要です。
しかし、相続後に不動産を放置する可能性が高いのであれば、売却することをおすすめします。
空き家になった不動産は、所有している方にとってリスクが高くなります。
早めに売却をおこない、空き家リスクを避けるようにしましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

離婚後も元夫・元妻の間の子どもであれば親権に関わらず相続権はあります。
また、相続によるトラブルは比較的起こりやすいため、早めに対策をしておくことが大切です。
東京都新宿区をメインとした不動産の売却をご検討中の方は、「株式会社アダチ」の無料査定依頼をご利用ください。
また、今すぐ現金化したい、スピーディーに不動産を売りたいなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
株式会
社アダチ 安達孝一

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ