不動産仲介トラブル事例20:浸水被害は過去にもあった

本ブログでは、不動産業者向「ヒヤリハット!不動産仲介トラブル事例集」
記載の事例について記述します。

トラブルの要点:
リフォーム済みの既存住宅を購入したところ、引渡しから半年後に地下駐車場に雨水が流入する浸水事故が発生。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。


トラブル発生の概要

買主Yは、売主X(宅建業者)が所有する築12年のリフォーム済み既存戸建を仲介会社Aの媒介で取得しました。
当初、問題なく居住していましたが、引渡し後半年を経過した夏に集中豪雨があり、周辺一帯に浸水被害が発生しました。この住宅の地下車庫にも雨水が浸入し、駐車していた車両は完全に水没してしまいました。
水が引いた後、近隣の居住者と話をする中で、買主Yは、以前にも周辺で同様の浸水被害があったと聞かされました。詳しく知りたくなった買主Yが役所に行って周辺の浸水履歴について確認したところ、10年前にも集中豪雨があり、この住宅を含む周辺一帯で浸水被害が発生していたことが判明しました。
買主Yは、案内時はもとより、契約時の重要事項説明においても浸水被害の事実は説明されていなかったことから、売主X及び仲介会社Aに対して、「過去の浸水被害について説明されていない。簡単に浸水するのは欠陥住宅だからではないのか。」と、クレームを申し入れてきました。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

トラブルの原因

2020年8月には、宅地建物取引業法施行規則の一部改正により、「不動産取引時において、水害ハザードマップにおける対象物件の所在地を事前に説明すること」が義務づけられています。
このトラブルは、施行規則改正以前の取引で発生したものですが、買主Yが近隣から過去の浸水被害について知らされ、役所で容易に浸水履歴の事実を知りえた事実から見ても、法令上の根拠にかかわらず、仲介会社Aとして調査・説明義務を果たしていなかったことがトラブルの原因になったといえます。
また、売主Xは宅建業者であるため、業者売主として、買主Yに対する調査・説明義務があります。売主Xは、中古戸建を買い取り、リフォーム済み物件として売却したため、浸水被害の事実について知らなかったと主張していますが、役所に問い合わせることで浸水履歴の情報を入手することは可能であり、仲介会社と同様に調査・説明義務を果たしていないといえます。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

トラブル対応および再発防止対策

本件トラブルでは、買主Yが容易に事実を確認できた過去の浸水被害履歴について、仲介会社A及び宅建業者である売主Xに調査・説明義務の債務不履行責任がある可能性が大でした。
あわせて、買主Yからは、欠陥住宅ではないかというクレームがありましたが、浸水被害が通常の降雨の際に発生したものではなく、集中豪雨のような異常な事態による浸水被害であったことを理解してもらった上で、トラブル解決にあたっては、仲介会社及び売主から謝罪し、仲介会社Aは買主Yから受領した仲介手数料を返金し、売主Xが費用を負担して地下駐車場の入り口に仕切り板を設置することで解決に至りました。
近年、記録的集中豪雨によって冠水や浸水被害が多く発生しています。周辺に河川がなく、一見して浸水被害が疑われる地域ではないようなケースでも、集中豪雨の内水氾濫による被害が発生しています。買主にとっては、購入を検討している物件に浸水被害があるか否かは、購入を決定するための重要な判断要素です。
前述のとおり、2020年8月には宅地建物取引業法施行規則の一部改正により、重要事項説明の対象項目が追加され、仲介会社は、不動産取引時に以下のようにして説明することとされました。
①水防法に基づき作成された水害(洪水・雨水出水・高潮)ハザードマップを提示し、対象物件の概ねの位置を示すこと
②市町村が配布する印刷物又は市町村のホームページに掲載されているものを印刷したものであって、入手可能な最新のものを使うこと
③ハザードマップ上に記載された避難所について、併せてその位置を示すことが望ましいこと
④対象物件が浸水想定区域に該当しないことをもって、水害リスクがないと相手方が誤認することのないよう配慮すること

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

トラブル防止のポイント

取引対象物件の所在地について、ハザードマップによる説明が義務化されました。浸水被害が心配される物件では、より詳細な調査を実施し、十分な説明をすることがトラブル防止のために重要です。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

お客様へのお願い

最近、仲介手数料の大幅値引き依頼をされるお客様が散見されます。
上記のように、「再発防止対策」「トラブル防止のポイント」に沿って、物件調査を基本に忠実に行なうには、不動産業者側にて相当な手間とコストが必要になります。
お客様にて仲介手数料の過大な値引き依頼をされると、物件調査のコストが捻出できず、物件調査の品質に影響が出てしまいます
お客様にはこの点を斟酌して頂いた上で、適正な仲介手数料をお支払い頂けると幸いです。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ