アンガーマネジメント:弊社代表の安達の所感:其の弐

2022-08-17

ノウハウ

※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

本ブログでは、一般社団法人日本アンガーマネジメント協会認定
アンガーマネジメントコンサルタント・アンガーマネジメントアドバイザー
でもある、弊社代表の安達の、アンガーマネジメントに関する所感を記述致します。

弊社代表の安達の所感

多くの映画などでも
セラピストが「怒りを感じたら枕を好きなだけパンチしなさい」等
アドバイスする場面が描かれています。

映画だけではなくいくつかの自己啓発本でも、
「有害な怒りを溜め込むなら、
憎たらしい相手の顔を想像して枕やバッグをパンチして、
叫んだり罵ったりすればいい」と書かれています。

ジョージアやアトランタには、
このプライマルセラピーを専門的に行う施設もあり、
スペインではハンマーを持って廃車や家具を壊す
「ディストラクトセラピー」も行われているそうです。

一見、物を壊して叫べば気分的にすっきりするような気もしますが、
実はこれがアンガーマネジメント的には全く逆効果なのです。

"この療法はほとんどの状況でうまくいかないかもしれませんが、いくつかの状況では、効果的なだけでなく、非常に生産的です。特に、協力してくれる強力なパートナーと一緒に使用すると、より効果的です。唯一の欠点は、暴力を振るったときに、逃げ出す必要があるときに感じるかもしれない肉体的・精神的苦痛です。"
人は怒っていて問題があるとき、暴力やアンガーマネジメントに頼るかもしれませんが、実は重要なのは怒りではなく、問題であることが多く、それに対処できることが多いのです。

"気晴らし療法 "と呼ばれる治療法は、暴力を振るうことを断ち切ることが証明されています。家具や車を壊すというものですが、実際に物を壊すという行為が役に立つのではありません。暴力の連鎖を断ち切ることなのです。"
このアドバイスの問題点は、その行動が一時的なものであることが多く、しばらくするとその行動に戻ってしまうということです。場合によっては、このような暴力を減らす戦略は、さらなる怒りや暴力につながることもあります。
また、この治療法の問題点として、人間関係や虐待から離れなければならないなど、困難で辛い気持ちから逃れるための手段として利用し、それが怒りにつながってしまうことが挙げられます。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ