不動産売却における理由別の注意点!住み替え・離婚・相続の3つのシーンでご紹介

不動産売却における理由別の注意点!住み替え・離婚・相続の3つのシーンでご紹介 ※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

不動産売却の理由はさまざまで、それぞれ異なる注意点があります。
今回は「住み替え」「離婚」「相続」が理由で不動産売却をご検討中の方に向けて、それぞれの不動産売却における注意点をご紹介します。
より良い条件で売却を進めるために押さえておきたいポイントですので、新宿区周辺で不動産売却をご検討中の方も、参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

「住み替え」が理由による不動産売却における注意点とは?

まずご紹介する不動産売却の理由は「住み替え」です。

売却と購入のタイミングが重要

住み替えの際の売却と購入のタイミングには次の3つのパターンがあります。

  • 売り先行
  • 買い先行
  • 売り買い同時進行

売り先行の場合、売却代金を新居購入費用に充てられるというメリットがありますが、仮住まいや引っ越しに余計な費用がかかってしまうというデメリットがあります。
買い先行の場合は仮住まいの必要はありませんが、売却期間が長引いてしまうと新居のローンと元の家のローンが重複してしまう点に注意が必要です。

売り買い同時進行が理想的

理想的な住み替えは、売り買い同時進行です。
新居と元の家の引き渡し日を同日にする方法ですが、タイミングを合わせることは簡単ではありません。
売り買い同時進行を目指すなら、売却も購入も同じ不動産会社へ依頼することがおすすめです。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

「離婚」が理由による不動産売却における注意点とは?

次にご紹介する不動産売却の理由は「離婚」です。

不動産も財産分与の対象

離婚の際は、婚姻期間中に築き上げられた夫婦の共有財産を分配する「財産分与」をおこないますが、名義人に関わらず不動産も財産分与の対象です。

トラブルを避けるなら現金化して分配

財産分与の方法はいくつかありますが、分配のしにくい不動産の財産分与としてもっともトラブルの少ない方法は、売却して現金をわける方法です。
ただし、住宅ローンの残っている不動産を売却するには、ローンを完済しなければなりません。
売却代金で不足する場合には手元から資金を捻出する必要があるので、注意が必要です。

売却するなら離婚前

不動産の売却は連絡の取り合える離婚前がおすすめです。
ただし、売却により得た現金は、贈与とみなされないためにも必ず離婚届を提出してから分配しましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

「相続」が理由による不動産売却における注意点とは?

最後にご紹介する不動産売却の理由は「相続」です。
相続した不動産を売却する際には次の3点に注意しましょう。

  • 相続人全員の合意が必要
  • 相続登記による名義変更が必要
  • 相続税の納付期限は相続開始より10か月以内

相続により取得した不動産は、将来的にも移り住む予定がないのであれば早めの売却がおすすめです。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

このように、不動産売却における注意点は売却する理由により異なります。
スムーズに売却をおこなうため、事前に注意点を把握しておきましょう。
東京都新宿区をメインとした不動産の売却をご検討中の方は、「株式会社アダチ」の無料査定依頼をご利用ください。
また、今すぐ現金化したい、スピーディーに不動産を売りたいなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ