【ASD者向】行間を読むトレーニング:01

2022-08-05

ASD同志へ

※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

弊社代表の安達は、「ASD友の会」代表世話人も務める。
その安達が、行間を読むトレーニングについて記述する。


相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。


はじめに

今回のトレーニングでは、教材として、以下の記事
MSN News
を使用する。
まずは、この記事全文を読んで頂きたい。


相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

問題

上記記事のうち、以下の結論部分の文面
「“マンションは管理を買え”とも言われる時代、その管理を行うのも、また人だ。管理への意識の高まりとともに、管理人への期待が多様化する中で、人手不足にあえいでいる現実も直視せねばならない。マンション管理においても、理想を振りかざすだけでない“持続可能性”が求められている。」
の行間の意味は、一体何か?


相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

解説

行間の意味を読むには、これまでの経験、そして文章の読解という事が有効である。
結論部分の文面のうち、キーワードとなるのが「理想」「現実」「持続可能性」。
各ワードの持つ意味は、上記記事を読解すると、以下の通り。
・「理想」
 :「管理への意識の高まりとともに、管理人への期待が多様化」に応えられるマンション管理。綺麗事。
・「現実」
 :マンション管理員になりたがる人材の不足。その背景にある、管理人に求められる資質も高まりと、管理人の待遇が責任に伴っていない実情(責任の割に給料が安い)。
・「持続可能性」
 :理想を振りかざすなら、それに見合うマンション管理費用を負担すること。
よって、この文面の行間の意味は
「管理への意識の高まりや管理人への期待が多様化。人手不足の現実もある。
マンションの住人・管理組合よ。管理への意識の高まりや管理人への期待に応えるには、綺麗事ばかり言うのではなく、それ相応の費用を負担しろ。金を払え
である。
因みに、上記記事の以下の文面
『ところが“ある住人”をきっかけに、やる気を削がれることが増えていった。その住人は、30代の子育て中の女性。ある日、エントランスにゴミが落ちているのを見つけたその女性から「ちゃんとお仕事してくださいよ」と強めの口調で注意された。Aさんは「どうもすみません」と笑顔で返したが、女性は「ヘラヘラ笑ってる場合じゃない」と大げさにため息をついて、その場を去った。』
でのこの女性。この手の客は、様々なビジネスに存在する。
弊社代表の安達の経験では、この手の客はプライドが高く、要求レベルが高い割には、金払いが悪い。
ASD者よ。この手の客を相手にしても時間の無駄なので、
「あなたは大事なお客様だけど、同じように大事なお客様を何人も抱えているので、この辺で失礼します」と言って、早めに手を引くべきである。

客は、金を落とす客が上客である。


相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

<その他おすすめ情報>
 

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ