不動産売却でおすすめの査定方法は?早期売却を実現するには?

不動産売却でおすすめの査定方法は?早期売却を実現するには? ※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

不動産売却の査定方法には、机上査定と訪問査定の2種類の方法があります。
それぞれの査定方法は、どんなケースでおすすめなのでしょうか。
今回は不動産売却をお考えの方に向けて、おすすめの査定方法と査定依頼を出すときの注意点についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の査定は2種類!それぞれのおすすめの方法は?

不動産売却をするときは、机上査定と訪問査定の2種類の方法があります。
机上査定とは、築年数や広さ、立地などの物件のデータをもとに算出する方法で、簡易査定とも呼ばれます。
一方で訪問査定は、現地調査を経て査定する方法なので、日照条件や眺望、周辺環境も加味され、机上査定よりも精度が高いのが特徴です。
この2種類の査定方法の使い分けとして、まずは不動産売却自体を検討している段階では、机上査定がおすすめです。
売却のタイミングや、住宅ローンを完済できるかなどを知るための判断材料になります。
訪問査定は、実際に売却活動を開始するにあたり、売り出し価格を決めるときにおすすめの方法です。
弊社のホームページでは、24時間無料査定依頼を承っています。
査定方法にお悩みの場合も、お気軽にお問い合わせください。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却と住み替えを一緒に進めるときの査定のポイントは?

住み替えのために不動産売却をする場合も、査定がポイントになります。
住宅ローンが残っている場合は、査定結果から売却で完済できるのか、新居の予算はどのくらいになるのかを決めることができます。
住み替えには諸費用もかかるので、あわせて把握しておくと良いでしょう。
また、住み替えの場合は不動産売却と購入を同じ不動産会社にするとメリットが多く、おすすめです。
代金支払いや引き渡し時期などの調整がしやすく、効率的に手続きが進められるためです。
売却を急いでいる場合は、弊社で買取も承っています。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の査定依頼でおすすめな方法と注意点

高値売却や早期売却を目指す場合、査定依頼を出すときの事前準備が重要です。
事前準備の注意点として、詳細な物件情報を用意することをおすすめします。
基本情報だけでなく、リフォーム実績や周辺環境などアピールできそうなポイントがないか、確認しておきましょう。
さらに住宅ローンが残っているのか、抵当権抹消の有無についても提示しましょう。
相続した実家など、遠方から査定依頼をするときは、自宅から依頼手続きが可能です。
しかし、可能であれば実際に現地に足を運んで、空き家の状況を確認しておくことをおすすめします。
状況を確認することで査定額の妥当性も判断できるうえに、売却の戦略も立てやすくなるでしょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

査定依頼の注意点は、物件情報をそろえるなど事前準備をしっかりとおこなうことです。
早期売却を目指す場合は、精度の高い査定結果を参考に、適切な売り出し価格を設定することが重要です。
東京都新宿区をメインとした不動産の売却をご検討中の方は、「株式会社アダチ」の無料査定依頼をご利用ください。
また、今すぐ現金化したい、スピーディーに不動産を売りたいなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ