鉄鋼価格の変調:値上げ基調だったのに、いったい何故?

※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。
弊社代表の安達は、前に、ブログ
にて、「鉄価格は現時点で小康状態にあるものの、予断は許されない状況になっています。」
と記載した。
あれから2か月。鉄鋼価格に変調が起こっているようだ。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。


今、何が起こっているのか?

最近、鉄鋼価格が変調している。
MSN Newsの以下の記事
中国鉄鋼業界、不安定な新しい時代に突入-不動産セクター危機が直撃」Bloomberg News 2022/08/02配信 の内容を要約すると、以下の通りである。
・中国の鉄鋼業界は、危機に陥っている国内(中国国内)不動産業界からの需要は当てにできず、鉄鋼の需要が減少している。
・今年、中国鉄鋼需要が5%減ると見込んでいる。同需要の少なくとも3分の1を不動産セクターが占める。
・鉄鋼のような重要商品が、もはや無限の与信アクセスの恩恵にあずかることはない。
また、一般社団法人 日本鉄リサイクル工業会「価格推移表 鉄スクラップ(鋼スクラップ)価格
でも、関東エリアの場合、2022年4月に1トン当たり65,500~66,500円をピークに、価格は低下傾向。
2022年7月に1トン当たり39,500~40,500円まで低下している。
成程、最近、農村部で金属リサイクル業者の姿を見かけなくなった訳だ。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

そもそもの原因は?

そもそもの原因は、中国国内の不動産業界での需要減である。
中国国内の住宅の過剰供給は、以前から指摘されてきた。
2010年時点で、中国国内での住宅は5000万人分、過剰供給されてきたと聞いたことがある。
現在では、さらにおおきな数字になっているだろう。
これまで、何故、中国人は住宅を購入してきたのか?それは、将来、購入した価格よりも高く売れて、大儲けできたからである。
何故、住宅価格が高くなるのか?それは、「今後、もっと高くなる」と考える人達が多く存在したからである。
身近な話になるが、弊社代表の安達の知人が、2005年、上海市浦東地区のマンションを日本円で500万円で購入。10年後、そのマンションは日本円で約1億円で売れたとか。

現在では、中国国内の大手不動産ディベロッパーの経営危機が深刻化。
購入した住宅の引き渡しが行われず、住宅ローン支払を拒否する動きがあるなど、
その影響は多方面に渡っている。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

今後の見通し

では、何故、中国国内の不動産業界での需要減が発生したのか?
それは、「今後、もっと高くなる」と考える人達が居なくなったからと思われる。
この流れ、日本にも影響はあるのか?影響は、出ていると思われる。
数年前、中国系資本によって買収された北海道のリゾート施設が、現在、コロナ禍により開店休業状態
となり、施設のメンテナンスもされずに放置されている。
また、2020年以降、高価格帯の投資収益物件にて、中国系の買い手が居ない状態が続いている。
コロナ禍により、日本に来日できない、資本移動が制限されている等の理由もあるが、
おそらく、中国人は、以前のように「不動産を購入する事」に重きを置かなくなったのでは
とも考える。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

まとめ

最近の鉄鋼価格の変調により、不動産業者・建設業者の「資材価格が高騰しているから、物件価格も高くなっている」の言い訳の大きな根拠の1つが崩れた、という訳である。
不動産市場におけるモードが変わったものと思われる。数か月前なら、買い手が投資ファンド=「歓迎ムード」であったのが、現在では、買い手が投資ファンド=「目線は厳しいし、決済に長期間かかるので嫌だ」と変わったように。
中国だけでなく、世界的な不動産需要の変調の影響。日本国内のマーケットも当然影響を受ける
考えた方が、自然である。
これも、弊社 株式会社アダチにて「不動産取引やめさせ屋」サービスを開始したきっかけになった。
サービスの詳細は、コチラを参照。
また、サービスを開始した経緯は、以下のブログを参照。

不動産関連の知識・ノウハウを使って、不動産セクター以外で、如何に稼ぐか
弊社 株式会社アダチのみならず、不動産業者全体の課題であると思われる。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

<その他おすすめ情報>
 

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ