現在の社会情勢:賃貸住宅をとりまく社会的情勢

ここでは、不動産投資の原点でもある、賃貸不動産管理について記述します。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。


賃貸住宅ストックの状況

「平成30年住宅・土地統計調査」により2018(平成30)年10月1日現在の主なデータをみると、以下のようになっている。総住宅数が増加し、持ち家率も上昇している。また、民営借家の戸数は1,529万5,000戸である。空き家率は13.6%と平成25年より0.1%上昇し、うち賃貸用の住宅が432万7,000戸と50%超を占めている。
・総住宅数6,240万7,000戸(平成25年と比べ177万9,000戸、2.9%増)
・持ち家3,280万2,000戸(持ち家率61.2%(平成25年61.7%))、借家1,906万5,000戸、うち民営借家1,529万5,000戸
・居住世帯のある住宅は5.361万6,000戸(総住宅数の85.9%)
 居住世帯のない住宅は879万1,000戸(同14.1%)、
  うち空き家は848万9,000戸
  空き家率13.6%(平成25年の13.5%に比べ0.1%上昇)
  空き家の内訳では、賃貸用の住宅が432万7,000戸と全体の過半数

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

賃貸住宅着工(フロー)の動向

貸家の着工の推移をみると、昭和56年から貸家の供給戸数が急激に増加し、バブル期にピークを迎えた。その後、平成3年の生産緑地法改正の影響で農地の宅地化により貸家の供給が増加した。
近年では、平成23年の約29万戸を底に回復基調にあったが、令和2年は30.7万戸であった(全体の新設住宅着工戸数は81.5万戸)。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表の安達の考え

この結果より、投資収益物件、特に一棟アパート等レジデンス系物件が、明らかに供給過剰になっています。
これも、弊社 株式会社アダチにて「不動産取引やめさせ屋」サービスを開始したきっかけになりました。
サービスの詳細は、コチラを参照下さい。
また、サービスを開始した経緯は、以下のブログを参照下さい。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ