気付け!:08 政治関連の書籍を読むということ

お人好しの日本人よ! 君たちはいつまで騙され続けるんだ?
弊社代表の安達は、ASD者として「読んだものを批判的に吟味し、その後、判定する頭脳を持つ」せいか、大手マスコミや大手広告代理店が多用する、印象操作なんか簡単に見破っているぞ!
(某博〇堂トップクリエーターの印象操作も、見破った事があります)
※ ASD者としての詳細は、以下のブログを参照して下さい。

本ブログでは、政治関連の書籍に関する、弊社代表の安達の考え等を記述致します。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。


「とある政治関連の書籍」の一節

1927年に刊行された、「とある政治関連の書籍」に、次のような一節があります。

ドイツ・イギリス・イタリア同盟
わたしはこの考察を終える前に、現在ヨーロッパ内でわれわれのために考えられる唯一の同盟可能性について、もう一度ふれておかねばならない。わたしはすでにドイツの同盟問題を述べた前章の中で、イギリスとイタリアをば、われわれにとって密接な関係を結ぶ努力をする価値があり、また有望であるようなただ二つの国家と呼んでおいた。この場所で、わたしはもう一度簡単に、そのような同盟のもつ軍事的意味について一言述べよう。
この同盟締結の軍事的帰結は、どこから考えても、ロシアとの同盟結果とは反対になるに違いない。もっとも重要な点は差し当り、イギリスとイタリアに接近することは少しも戦争の危険をひき起すものでないという事実である。この同盟に反対の立場に立つものとして考慮されてもよい唯一の強国、つまりフランスも反対することができぬに違いない。したがってこの同盟はドイツに、このような提携のわくの中でではあるが、フランスに返報するためいずれにせよ行なわれなければならぬ準備をまったく安んじて行なう可能性を与えることだろう。なにしろそのような種類の同盟の重要さは、たしかに、正しく次の点にあるからである。つまり、ドイツはこの締結によってすぐに敵の侵入の犠牲となるというのではなく、かえって敵の側の提携自体がくじかれる。われわれに無限に多くの不幸をもたらした協商それ自体が解消され、それによってわが民族の仇敵であるフランスは孤立に陥るのである。たとえこの成果が差し当りは、ただ精神的影響しかもたないとしてさえも、それは十分に、今日ではほとんど予想もできぬほどの行動の自由をドイツに与えることは間違いない。なぜなら、行動の規準は新しいヨーロッパにおける英・独・伊同盟の手中にあり、もはやフランスにはないはずだからである。
その次の成果は、一瞬にしてドイツが自国の不利な戦略的態勢から解放されるに違いないことである。一方ではきわめて強力な側面援助、他方では食糧と原料をわが国に供給するのが完全に保障されること、これらは新しい国家秩序に与えられる祝福に富んだ成果に相違ない。
だがおよそ、それよりも一層重要なことは、この新しい同盟が多くの点で相互にほとんど補い合う技術的な実行力をもった国々を含んでいるという事実であるだろう。第一に、ドイツは、ヒルのようにわが国固有の経済に吸いつくこともなく、その上わが国の技術的準備を十分過ぎるほど完成させるのにそれぞれの分を尽しうるし、また尽すことも間違いないと見られる同盟国を手に入れることとなろう。
さらに次のような最後の事実も見逃してはいけない。つまり、これら二つの同盟国のどちらもトルコや今日のロシアと比較されうるような国ではないのだということである。地上で最大の世界強国とはつらつとした国家主義国家はドイツが前大戦で同盟した腐敗している国家のしかばねとは異なった前提を、ヨーロッパでの闘争に対して提供してくれるに違いない。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表の安達の考察

もし、1927年時点で、「とある政治関連の書籍」を読んで、この内容を知っていれば、
「とある政治関連の書籍」の著者の属する団体が政権を握った時どんな行動をするか、
早期に予測することが可能であったと思われます。
因みに、「とある政治関連の書籍」の著者の属する団体がドイツ政権を握ったのが1933年
イギリス首相のネヴィル・チェンバレンを中心に、ドイツに対する宥和政策の中心となる
ミュンヘン協定が成立したのは、1938年9月になります。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

まとめ

日本で有名な政治関連の書籍は、以下の通りになります。
・田中角栄「日本列島改造論」
・小沢一郎「日本改造計画」
・安倍晋三「美しい国へ」
・岸田文雄「岸田ビジョン」
弊社代表の安達の所感ですが、「美しい国へ」は、対中関係の回復も図りながらも、
そのタイトルからして、著者の考え・方向性を明確に表していると思われます。
「岸田ビジョン」ですが、現政権の方向性と一致しているように思われます。
読者諸賢よ。もし時間や余裕があれば、こういった政治関連の書籍を参照するのはどうでしょうか。
今後の世の流れを予測する一助になると思われます。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

<その他おすすめ情報>
 

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ