10歳までの子育て:男の子をコミュニケーション 上手にする方法

仕事でも恋愛でも、大人になってまず求められるのは、コミュニケーション能力です。コミュニケーションの能力が低いと、学歴はあっても仕事や結婚がうまくいきません。
男の子が会話能力を伸ばすには、まず、「親が話をていねいに聞く」ことです。男の子は言葉の発達が遅いうえに、話がわかりにくいので、聞いていると親はイライラしてしまうかもしれません。しかし、それでは子どもは話す気力を失ってしまいます。次のようなことを意識して、親が聞き上手になって、話し上手な男の子に育てましょう。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

親ばかりしゃべらない

せっかく子どもが学校でのできごとを話してくれているのに、内容や話し方が気になってついついお説教......ではダメです。話の主役は子どもであることを忘れずに。言いたい気持ちは脇に置いて、まず子どもの話を聞きましょう。

話しかけられたらすぐに聞く

親が「今忙しいからあとで聞くわ」という姿勢でいると、子どもは話したい気持ちがなくなってしまいます。家事などをしながらでもいいので、すぐに子どもの話を聞きましょう。大事な話の時は、手を止めて聞きましょう。

ていねいに伝え返す

子どもの話を聞きながら「~という気持ちだったのね」と言うのが、「伝え返し(リフレクション)」という技術です。子どもは、「自分のことをわかってくれた」と感じることができます。

ていねいにうなずく

うなずきは「あなたの話をちゃんと聞いていますよ」と伝えるサインです。とくに、子どもがイヤだったこと、悲しかったことを話してくれた時は、目を見てしっかりうなずくことが大切です。

あいづちをうつ

うなずくことと同様に、あいづちも相手に「聞いてもらえている」という感じを生み出すことができます。「うんうん」「そうなんだ」と、タイミングよくあいづちをうって聞いていると、子どもも話しやすくなります。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

<その他おすすめ情報>
 

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ