大金が手に入った方へ!投資収益不動産の購入の薦め

2022-07-26

FPサービス

◎突然、大金が手に入り、その運用に困っている方。
◎センシティブな理由で大金を所有しているが、経済活動を通じて、この大金を自由に活用できるようにしたい方。
こういった方に、投資収益不動産への投資が、お勧め致します。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。


前提

ある日、突然、現金10億円が手に入ったとします。そして、今後の生活を謳歌するのに
毎月300万円が必要だとします。
Aさんは、10億円を、現金でのみ保持し続けました。
Bさんは、10億円で利回り年4%の投資収益不動産を購入しました。
投資収益不動産ですが、土地代3億円、建物(RC造)7億で、建物の税法上の償却年数は47年です。
AさんとBさん、20年後に、どのような違いが出るでしょうか?

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

考察

生活を謳歌するのに必要な、20年分の金額は
 300万 × 12カ月 × 20年 = 72000万円(7.2億円)
となります。
Aさんは、10億円を現金でのみ保持し続けたので、20年後、手元には
 10億 - 7.2億 = 2.8億円
の現金が残りました。
一方、10億円の投資収益不動産を購入したBさん。
まず、生活を謳歌するのに必要な毎月300万円ですが、賃料収入で、ほぼカバーできました。
そして、20年後手元に残った投資収益不動産の価値ですが、
 建物(RC造)残存価格:7億 × (47-20)/47 = 4.02億
 土地代:3億円のまま
となり、土地と建物の合計は、簿価で7.02億円となります。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

まとめ

富裕層向けのファイナンシャルプランニングは、基本的に、右肩下がりのグラフが前提となります。
右肩下がりのグラフの傾きを如何に小さくして、かつ、将来、手元に残る資産を多くするか、がファイナンシャルプランナーの腕の見せ所になります。

投資収益不動産は、右肩下がりのグラフを傾きを小さくできる、有力な投資先です。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

<その他おすすめ情報>
 

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ