弊社代表の安達の勉強法:07

本ブログでは、弊社代表の安達の勉強法について記述する。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。


集中力の持続時間はどのくらい?

人間の集中力は通常、それほど長く続くものではありません。私の場合、長くて30分が限度です。でも、勉強の習慣が身に付いていない人は、集中力が切れたあとも無理をして勉強を続けてしまいます。つまり、イヤイヤ勉強しているわけです。これを長く続けると、脳は勉強を次のように気持ちよくない感情と関連付けてしまいます。
 勉強=イヤイヤ、我慢、不快
あなたが、がんばって勉強をしているつもりでも、このイヤイヤ勉強の行為が長期的に勉強を続けることを妨げる大きな要因になります。なぜなら、勉強自体が嫌いになってしまう大きな原因になるからです。
脳の行動パターンは非常に単純です。
 1.痛みを避ける
 2.快楽を得ようとする
イヤイヤ勉強するということは、脳にとっては痛みになるわけです。すると、脳は痛みを避けようと、勉強をしないように指示を出し、勉強が長続きしなくなります。
ちなみに、一番能率が上がり、集中して勉強ができる時間帯は人それぞれです(私は朝型をおすすめしますが)。朝が一番集中して勉強できる人もいれば、深夜の人もいます。しばらく勉強を続けると、自分が一番調子よく勉強できる時間帯がわかってきます。そうしたら、その時間帯に勉強するようにスケジュールを組んで、効率の上がらない時間帯は、きっぱり勉強をあきらめ、趣味などご自身の自由時間にするか、または、さほど集中力を必要としないことをします

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

効果的な休憩方法とは?

脳に「勉強=痛み」と関連付けさせないためには、定期的に休憩をすることがとても重要です。
私の場合、30分間勉強して15分間の休憩を繰り返します。個人差があるので15分間勉強して、15分間休憩を取っても構いません。本格的に勉強の習慣を付けるのが初めての方は、15分間勉強して45分間休憩しても構いません。要は、比較的短い時間勉強→休憩のサイクルを1セットとし、これを2~3セット繰り返せば、簡単に1~2時間の勉強はできます。つまり、集中力がとぎれて勉強がイヤになる前に、勉強を(一時)中断するのがコツです。
ここは非常に重要なので強調します。勉強自体を嫌いになったのでは、何年もの長い期間コツコツ勉強を続けていくのは不可能になります。それをいかに避けて、集中力のある時に一気に勉強し、嫌気がさしかけたらスパッと勉強を中止するか、これが長年勉強を続ける習慣を身に付けるコツです。嫌気がさしてから休むのではなく、その前に休むのです。
「人間はそれほど長い時間、集中できないのではないか」と。そして、試行錯誤の末、これが正しいことが分かります。1時間無理に勉強して、その後ぐったり疲れて30分休憩するよりも、「30分勉強→15分休憩」を繰り返すほうが、勉強を再開した時の疲労度が少ないことが分かりました。加えて、「勉強=痛み・嫌い」という感情がほとんどないのです。
理屈は簡単です。多少しんどい作業でも、15分~30分だけだったら、続けることは可能です。これが、延々何時間も続くことを考えると、それだけで勉強する気がなくなってしまいます。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

休憩時間の意外な使い方とは?

私は休憩時間に読みたい本を読むようにしています。「休憩の時間に読書をしたら、脳の休憩にならないのではないか?」と思う方もいるかもしれません。でも、勉強する科目が違えば、またはインプットする情報の種類が違えば、人間は使う脳の場所が違うようなのです。
簡単に説明すると、数学の勉強をして飽きた場合、数学の勉強に飽きたのであって、勉強自体に飽きたわけではありません。勉強する科目を切り替えて、こんどは理科の勉強をすれば、すんなり続けられるわけです。ある1つのことを勉強し、休憩時間に読書をするわけですから、私の勉強や読書の効率は飛躍的に上がりました。
ある兼業作家は、机を2つ持っているそうです。一方の机で小説を書き、それに行き詰まったら(飽きたら)、もう一方の机に向かい別の仕事をします。それに飽きたら、また最初の机に向かって小説の創作活動に戻ります。これはインプットやアウトプットする情報の種類が違えば脳は疲れないことの証明です。
ですから、だまされたと思って休憩時間に未読本を5分程度読んでみてください。勉強の合間の休憩時間を有効活用すると、月に1~2冊の本はあっという間に読めます。これで「忙しくて本が読めない」という言い訳はなくなります。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

<その他おすすめ情報>
 

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ