10歳までの子育て:勉強の習慣の作り方

持って生まれた知能が人並みなのに、成績が他の子よりよい子には共通点があります。それは、「自分は頭がいい」という自己イメージを持っていることです。
そもそも男の子は、コツコツ勉強することが苦手です。男の子の脳の特徴として、毎日少しずつ積み重ねる作業が苦手なのです。
しかし、思春期を迎えると男の子の脳にはドーパミンというホルモンが多量に分泌されて、集中力や意欲が上昇します。小学校では平凡な成績でも中学2年生くらいで急に成績が上がって一流大学に合格できることがあるのは、そのためです。
しかしもちろんすべての男の子の成績が伸びるわけではありません。伸びる子、伸びない子の差は、親の声かけがカギを握っています。
「あなたはやる気を出せばできる子」「本当は勉強ができる」という肯定的な声かけを小さい頃からされていると、「ぼくはやればできるはず」という自己イージを持つようになります。すると悪い成績をとった時には、「ぼくはこんなものではない」と奮起し、成績が安定しがちです。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

のちに成長するベースを作るためには、子どもの頃の学習習慣が大切です。親がサポートして身につけさせましょう。次のポイントを参考にしてください。

勉強のハードルを下げる

まだ勉強の習慣が身についていない低学年のうちから、長時間勉強させるのはどだい無理です。
「最低限これだけはやってほしい」というハードルを下げましょう。最初は、学校の宿題だけで充分です。

遊びのあとに勉強する

まず宿題を終えてから遊びに行くのが理想ですが、それは難しいでしょう。
遊びから帰ったあとの、夕食前の10分、20分を勉強にあてましょう

リビングで親がいっしょに勉強する

ひとりで子ども部屋の机に向かって勉強できる子は、まずいません。
親の目が届くリビングで勉強し、なおかつ最初の10分くらいは親が隣に座っていっしょにやるといいでしょう。

うすい問題集を選ぶ

問題集やドリルを買う時は、欲張らず、うすいものを選びましょう。子どもが「これならできそう」と思える量と難易度のものを選ぶのがコツです。
たくさん問題をこなすより「1冊をやりきった」という達成感を感じることが大切です。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

<その他おすすめ情報>
 

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ