弊社代表の安達の勉強法:05

本ブログでは、弊社代表の安達の勉強法について記述する。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。


自宅・会社以外での捻出方法は?

「自宅だと子供がうるさくて集中して勉強ができない」という方は多いと思います。その場合は、会社に残って残業時間帯に勉強します。または、会社に30分から1時間程度早く出社して勉強します
この場合の利点は、必要な机、椅子、コンピュータはすべて揃っているということです。難点は、冷やかす同僚や上司がいる可能性があることです。
会社で残業時間帯を使って勉強することに抵抗がある方は、喫茶店を利用することをおすすめします。300円程度の投資で、机、椅子、照明が確保できます。そして、第8章で紹介する耳栓を使って、30分から1時間程度集中して勉強するのです。「毎日300円の出費。1カ月で約6000円は高いな」と感じるかもしれません。しかし、一般のビジネスパーソンが自分の書斎を確保することは難しいでしょう。さらに、書斎が確保できても子供がうるさくて勉強できなければ、書斎は存在しないのと同じことです。ですから、喫茶店で飲み物代を払うのは、時間と場所を確保する代金と考えてください。「毎月5000円程度の出費で、自宅外に移動書斎が持てる」と考えてはどうでしょうか。こうやって自宅や会社以外でも、勉強時間を捻出します。
早朝もしくは残業時間帯に1日にたった30分でいいので勉強を続けてみてください。繰り返しになりますが、大切なことは、習慣化してほぼ毎日続けるということです。「仮に1日30分勉強したとします。週5日を年間2週続けると、年間で130時間、1日1時間の勉強だと年間で260時間勉強することになります。年間130時間の勉強時間は、1日8時間の勉強を16日以上、年間260時間の勉強時間は、1カ月以上勉強し続けることに匹敵します。
でも、元をたどれば1日にたった30分~1時間の勉強です。工夫すれば、業務時間での30分~1時間の勉強時間捻出は可能なはずです。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

通勤時間の賢い使い方は?(電車の場合)

通勤時間が主な勉強時間になる方も多いでしょう。通勤時間を使った勉強のコツをいくつか伝授します。
まずは、新聞はサッと要点だけ読む。つまり、新聞を読むのに30分も40分も時間をかけないということです。もし特定の業界に勤められており、業界新聞(例えば、建築新聞や金融新聞など)が発行されている場合は、そちらの新聞のほうが、業界に詳しい情報が載っています。
次に、1駅か2駅移動すれば、始発電車に乗れませんか? もし、そうであれば、10分程度の遠回りをしてでも座って通勤するほうを選びます。そして電車内で座って勉強します。
そして、車中の時間を勉強に充てることが大切なのではなく、今日1日と翌日の2日間のトータルで勉強の能率が一番上がる方法を考えることが大切なのです。
例えば、帰宅中の車内で「少し疲れているな」と感じれば、仮眠を取って帰宅後に勉強をするほうが効率的に知識を吸収できます。逆に、「いまは頭が冴えている」と感じれば、いまの手持ちの時間を使って車内で勉強し、勉強がはかどった分、その夜は30分程度早くベッドに入ります。そして、通常よりも30分多く睡眠を取り、明日に備えるわけです。帰宅後、疲れている場合は、例えば1時間早くベッドに入り、翌朝1時間早く起きて勉強します。
つまり、勉強をする行為自体が大切なのではなく、体調のいい状態で、集中して効率よく知識を吸収することが大切なのです。勉強をやり始めた頃は、どうしても知識を吸収することよりも勉強する行為自体に価値を見いだしがちです。ですから、効率が悪い方法でも無理して勉強をしようとしてしまいます。なぜなら、勉強の成果がすぐに表れないために、勉強する行為を通じてしか、「知識を吸収した」という実感が得られないからです。
どうしても座って通勤できない場合は、あきらめて立ったままビジネス書・参考書を読みます。
毎日の通勤時間を使えば、最低毎月4冊は読めるはずです。片道の通勤時間が5分の場合、これで毎月3時間(8分×9日)、年間で約400時間の勉強時間が捻出できます
移動中における勉強のコツは、まったく生産的な活動をしていない時間を減らすことです。
電車内で本を読むわけでもなく、音声を聞いて勉強するわけでもなく、ボーッとしている乗客を見かけませんか? 最近は、携帯電話でゲームをしているビジネスパーソンを多数見かけます。このような非生産的な時間を極力少なくして、必ず何かの勉強時間に充ててください。「5分も無駄にはしないぞ!」という心構えを持っていれば、1年間で相当の勉強時間の違いが生まれます。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

通勤時間の賢い使い方は?(車・徒歩の場合)

車・徒歩での通勤時間中にはラジオや音楽を聞くのは控えて、それに割いていた時間の一部を勉強に割り当ててみてください
例えば、あなたが英語の勉強や何か資格の勉強をしていたとします。重要な項目をあなたの声で録音して、それを移動中に聞きます。目からの記憶よりも耳からの記憶のほうが心に残るといわれています。自分の声を聞くのはちょっと恥ずかしいですが、あなたしか聞きませんから大丈夫です。「録音が面倒」という方は移動中の勉強はあきらめるか、既製のCDやカセットなどを聞きます。最寄り駅へのたった数分間の動時間でも、何か聞いています。この移動中のながら勉強は、机に向かってする勉強と違いますが、これも立派な勉強です。
さらに、音声を使ったながら勉強のいいところは、繰り返し学習ができることです。同じ本を10回繰り返し読むのは大変ですが、音声ならば10回聞いてもほとんど苦になりません。先ほども書きましたが、知識を吸収するために重要なことは、定期的に繰り返し学習することです。
音声を使えば、通常は非生産的な移動時間帯を生産的な勉強時間に変えることができます。そして、繰り返し学習するので、ながら勉強は非常に効率のいい勉強方法なのです。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

<その他おすすめ情報>
 

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ