10歳までの子育て:5歳までに身につけるお手伝い習慣

お手伝いをしてこまごまと体を動かすことで、「フットワーク力」が身につきます。
親が「あなたは勉強だけしていればいいから」と、身の回りのことをなんでもしてあげていると、体を動かすのを面倒くさがる大人になってしまいます。これでは、仕事の能力も培われません。
お手伝いがいいふたつめの理由は「役割を果たす喜び」を体験できることです。与えられた仕事をしっかり果たすことで、「ぼくはみんなの役に立てる存在だ」という自信が育ちます。これが、のちに「社会の中で役に立つ喜び」につながるのです。こういった経験が乏しいと、社会から切り離されたところで自分の価値を求めようとしがちです。悪くすると、引きこもりやネット中毒につながる可能性もあります。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

お手伝いさせるコツ

とは言え、男の子は総じて不器用でアバウトです。家事をさせるほうはハラハラし通しで、自分でやったほうが早いと思うかもしれません。
そこはぐっとガマンし、次のコツを参考に取り組ませてください。できれば、5歳頃までにお手伝いが習慣化しているとお互いに楽なはずです。子どもは、親が喜ぶ姿を見るのが好きなので、おおげさなくらいに喜んであげるといいでしょう。

失敗を前提に

男の子のお手伝いで、母親のイメージどおりに動くことは、まずありません。
とくに最初のうちは、失敗は当たり前です。あとでこっそりやり直すつもりでさせましょう。

親がイライラしない

お母さんに喜んでほしくて、一生懸命やったお手伝い。失敗したからといって怒られてばかりいては、次から手伝う気もなくなってしまいます。
失敗しても、「大丈夫よ。次はうまくできるといいね」と励ましましょう。

失敗した場合の片づけ方を教える

ジュースをこぼしてしまった、お皿を割ってしまったなどの失敗は、あと始末のしかたをいっしょにやりながら教えましょう。
失敗しても終わりになるわけではない、そのあとの対処が大事なのだ、と学べるでしょう。

やり直しても子どもには言わない

大人でも、自分がよかれと思ってやったことをやり直されると気分が悪くなります。
「もういい。お母さんがあとでやり直すから」と、子どもの前では絶対に言わないようにしましょう

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

<その他おすすめ情報>
 

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ