築年数と売却価格の関係は?築浅の一戸建てを売却するコツ

築年数と売却価格の関係は?築浅の一戸建てを売却するコツ

築年数が経過した一戸建てよりも、新しい一戸建てのほうが簡単に売却できると考えていませんか?
実際には「思うように売却できなかった」という方が多いのが現状です。
築浅の一戸建ての売却では、売却理由や築年数が重要になります。
そこで、新宿区で不動産売却をサポートしている弊社が、築5年未満の一戸建てを売却する際のコツをご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

納得して購入してもらうために!築浅の一戸建てを売却する理由

築浅の一戸建てが売りに出されていると、「なにか欠陥があるのではないか」と疑問に思う方がいらっしゃいます。
築浅の一戸建てを売却する理由として、家族構成の変化や転勤、離婚、住宅ローンの返済困難などが考えられます。
なかには、住宅の欠陥や近隣トラブルが原因で築浅一戸建てを売却するケースもあります。
このような瑕疵(不具合)がある場合、売主は買主に対して事前に瑕疵について伝えなければなりません。
もしも売却後に瑕疵が見つかったりした場合、売主は「契約不適合責任」を問われ、損害賠償請求や契約解除を求められることもあります。
瑕疵による売却ではない場合も、なぜ築浅一戸建てを売却するのかを買主に伝えておくことで、安心して購入してもらえるでしょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

築浅一戸建ては早く売却すべき?築年数と価格の関係

物件の資産価値は、築年数の経過とともに下がっていきます。
築5年の一戸建ての場合、新築時と比べて資産価値は約80%、築10年経過すると約60%まで減少します。
なお、不動産の土地部分は、築年数が経過しても資産価値は下がりません。
土地の部分が広いほど、築年数が経過しても不動産の資産価値は下がりにくいと言えます。
築浅の一戸建ては、売却希望数と売却数ともに、増加傾向にあります。
築浅物件の購入を希望されている方も多いため、築浅一戸建てを早く売却することも可能です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

築浅一戸建てを売却する際のコツ

築浅一戸建ては高く売れる可能性がありますが、適正価格で売り出すことが大切です。
不動産情報サービスなどを利用して、類似した物件の過去の取引価格や現在の売却価格を調べ、相場観を身につけておくことをおすすめします。
また、築浅一戸建てを売却するうえでポイントとなるのが、住宅設備の処分です。
まだ使えるエアコンや洗濯機などは、買主との交渉次第で残しておくこともできます。
築浅一戸建てを売却する際に確認したいのが、売却益から住宅ローンが完済できるのかどうかです。
売却後の生活資金も必要になりますので、資金計画も立てなければなりません。
さらに、不動産売却で重要なのが、売却後の確定申告です。
「3,000万円の特別控除」が適用された場合、不動産の所有期間に関係なく、譲渡所得から最高で3,000万円が控除されます。
この特例を受けることで節税につながりますので、特例の要件を事前に確認しておくことをおすすめします。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

不動産は築年数の経過とともに資産価値が下がるため、早めに売却するのが賢明です。
築浅一戸建てを売却する際のコツを押さえることで、スムーズに売却することができます。
東京都新宿区をメインとした不動産の売却をご検討中の方は、「株式会社アダチ」の無料査定依頼をご利用ください。
また、今すぐ現金化したい、スピーディーに不動産を売りたいなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ