10歳までの子育て:子育てで「やってはいけないこと」

子育てにおいては、実は、「何をするか」より「何をしないか」のほうが重要です。
「してはいけないこと」をしなければ、子どもは自分の力で育ちます。なるようになるものです。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。


気分しだいの子育てをしない

親自身に何かいいことがあった時は子どもに優しく、いけないことをしても「まあ、いいじゃない」と、妙に甘い。反対にイヤなことがあった時は子どもにイライラをぶつけて、厳しくあたってしまう。そんなお母さんがいます。
親も人間ですから、いろいろな気分の時があるのは当たり前です。でも、気分しだいで子どもへの態度を変えていたら、子どもは混乱してしまいます。親の機嫌にいちいち振り回されていると子ども自身の心が不安定になり、それがいろいろな問題をつくっていきます。
とくに、勝手にイライラしては子どもを怒鳴ったり、手を出したりしてしまうのは、プチ虐待と言っていいかもしれません。子どもをどなったり、たたいたりが癖になってしまうのです。子どもはそんな親を見て、「自分はママから愛されていないんだ」と思い、生きていくうえでもっとも大切な「心の土台」がもろいものになってしまいます。
このようなことを避けるためには、親がこまめに育児ストレスを解消して、安定した気持ちをキープすることがいちばんです。いろいろな方法があります。
とくに、小さな子どもを抱えるお母さんは、いつもギリギリの状態で生活しています。子どもがいつまでも泣きやまずに、「このままだと手をあげてしまいそう!」という時は、5分くらいなら泣いている子どもを放っておいてもOKです。
トイレにこもって、深呼吸しましょう。好きな曲を聴きながら大声で歌うのもいいです。ばかばかしいと思うかもしれませんが、一度試してみると、案外気分が変わってくるのに気づくはずです。
「もうダメだ」と思ったら、思いきって一時預かりをしてくれる保育所に子どもを預け、ひとりカラオケで絶叫系の曲を歌うのもいいでしょう。ウインドウショッピングやお茶を楽しんでリフレッシュしてもいいでしょう。
このような工夫をして、お母さんが心の安定をキープすることが大切です。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

「自分はダメ人間」と思い込む子どもが増えている

多くの子どもたちと接していてよく感じるのは、「自分はダメ人間だ」と思い込んでいる子どもが増えているということです。
人間が生きていくうえで、「私は基本的にOKだ」という自己肯定感を持てることは何よりも大切です。ところが、その大事な感情を持てない子どもが増えているのです。
なぜ、子どもが自己肯定感を持てなくなっているのでしょう。原因のひとつが、親が知らず知らずのうちにかけている否定的な言葉です。親から「お前はダメな子だ」というメッセージを受け続けた子どもは、心の深いところで自分を否定するようになります。親から言われた言葉が何度も自分自身の中でくり返され、自分でもそう思うようになってしまうのです。親が言いがちな否定的な言葉をいくつかあげておきます。あなたも言ってしまったことが、あるかもしれません。
「どうしてあなたは○○できないの!」
「何度言ってもわからない子ね!」
「あんた、バカじゃないの」
極めつけは、
「あんたなんか、産まなきゃよかった」。
こうしたことを言われた子どもは、
「ぼくって、何度言われてもできないダメなやつなんだ......」
「そうかも、私ってバカなのかも......」
「ぼくはこの世に存在している価値がないんだ......」
と思うようになります。
親からくり返し言われる否定的な言葉は、呪いか催眠術のような効果があります。「何度言われてもわからないのね」と言われ続けると、暗示にかかってそのとおりに、「何度言っても失敗をくり返す子」になってしまうのです。「バカじゃないの」と言われた子は、「どうせバカだから」と、勉強をしなくなってしまいます。
親としては、ついぽろっと口から出てしまった言葉でも、子どもの心を深く傷つけてしまっているのです。
子どもには肯定的な言葉をかけるようにしましょう。
「あなたは、本当はできる子なのよ」
「次はきっと、できるわ」
そうすれば、子どもは親の期待に応えようと、意欲がわいてくるはずです。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ