不動産小口化商品:Q&A③

※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

ここでは、不動産小口化商品に関するQ&Aについて記述致します。

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。


投資対象物件にはどのようなものがありますか?

投資対象物件は大きく分けて
商業系と住居系があります。

不動産小口化商品における投資対象物件は、物件の用途によって、大きく商業系物件と住居系物件に分類されます。それぞれの特徴を説明します。商業系物件は、テナントビル、ホテル、オフィスなどが挙げられます。商業系物件は、その立地が商業地域・近隣商業地域であることが多く、一般に地価が高いといえます。そのため、路線価と実勢価格の乖離が大きいことから、圧縮率が大きくなる傾向があります。また、商業系物件は賃料が高く取れるため、近隣にある同様の住居系物件と比べて表面利回りが高く出る傾向があります。
ただ、投資時点で高稼働物件であっても、景気が悪くなると退去や賃料の下落を招きやすく、表面利回りが悪化することもあります。
住居系物件は、商業系物件に比べ、表面利回りが低く、圧縮率も小さい傾向がありますが、商業系物件は景気等に左右される面があり不安定であることから、安定志向の投資家には住居系物件がおすすめです。
これまで、不動産小口化商品における投資対象物件は商業系物件が多かったようですが、近年、住居系物件も増えてきました。投資家としては、選択の幅が広がってきているといえます。

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

出資金を借入れしたいのですが、事業者に借入先の斡旋をお願いすることはできますか?

事業者は借入先の
斡旋は行っておりません。

事業者が出資者のために金融機関の融資の斡旋を行うことは、不動産特定共同事業法により禁じられております。出資金を融資により調達したい場合には、出資者ご自身でお取引のある金融機関にお問い合わせください。なお、組合が所有する一切の財産に関し、質権、抵当権等の設定をすることはできません。基本的には自己資金の範囲内で投資をすることをお勧めいたします。

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

不動産小口化商品における毎年の分配金の計算方法はどうなりますか?

計算期間内に得られた
賃料収入等から経費等を
控除した残金を分配します。

事業者が、小口化事業から生じた収益(①対象不動産から生じる賃料収入②対象不動産の売却益③対象不動産に係る保険金④事業に係る金銭の運用から得られる受取利息➄組合出資金償還益及び事業に関連する債務の債務免除益⑥事業に係るその他の収益)から、小口化事業から生じた費用(①対象不動産の取得、管理、修繕及び売却等に要する諸費用②対象不動産の売却損③対象不動産に係る損害保険料④対象不動産に係る公租公課➄事業に係る日常的な経理業務や一般管理業務に要する費用その他の一切の営業費用⑥組合出資金償還損の事業の遂行に係る事業者報酬)を控除したものが組合損益となり、これが分配金の原資となります。
組合損益を各組合員の持分割合で分けたものが各組合員に送金する分配金となります。家賃等の収入及び費用共に変動するため、分配金は変動します。また、分配金は実質配当ですので保証はできません

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ