マンション売却後に確定申告はするべき?不要なケースや必要書類を解説!

マンション売却後に確定申告はするべき?不要なケースや必要書類を解説!

マンションを売却した後は、確定申告が必要になるケースもあります。
確定申告を怠るとペナルティが課せられる可能性もあるため、どのような場面で確定申告が必要になるのかを、しっかりと把握しておきましょう。
そこで今回は、マンション売却後の確定申告について、「必要・不要」の見分け方や必要書類などを解説します。
東京都新宿区で不動産売却をご検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

マンション売却後に確定申告が必要・不要なケース

そもそも確定申告とは、給与所得者だけでなく、不動産の家賃収入や不動産売却で利益が出た方が、その年のすべての所得を確定させて申請する制度のことを指します。
会社勤めの方であれば、雇い主である会社が給与所得の確定申告をおこなってくれているでしょう。
しかし、マンションや一戸建てなどの不動産を売却して利益が発生した場合には、個別で確定申告をおこなう必要があります。
確定申告を怠ってしまうと、延滞税や無申告税、重加算税など、本来は支払わなくても良い税金が課せられる可能性もあるので注意しましょう。
なお、マンションの売却で損益が出た場合、確定申告は不要です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

マンション売却後におこなう確定申告の必要書類

確定申告は、原則としてマンションを売却した翌年の2月16日~3月15日までに申請する必要があります。
いざというときに慌てることがないよう、余裕を持って必要書類を準備しておきましょう。
確定申告の必要書類は、税務署から入手する書類と、自分で用意する書類に分られます。
税務署から入手する必要書類は、主に次の3つです。

  • 確定申告書B様式
    • 分離課税用の確定申告書
    • 譲渡所得の内訳書

    これらの書類は、国税庁のホームページからもダウンロードできます。
    次に、自分で用意する必要書類は、主に次の3つです。

    • マンション売却時の売買契約書
    • マンション購入時の売買契約書
    • 仲介手数料や印紙税の領収書

    マンションを購入した際の売買契約書は忘れてしまいがちな書類ですが、コピーでも問題ないので、確定申告までに準備しておきましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不要でもマンション売却後に確定申告をするメリット

マンションを売却して損益が出た場合、確定申告は不要であるとお伝えしました。
しかし例外で、損益が出た場合でも確定申告をおこなうケースがあります。
それは、節税対策として特例を利用する場合です。
適用要件を満たしていれば、給与所得やほかの所得と合算して損益通算をすることができ、納めた税金が還付金として戻ってきたり、これから納める税金の額が安くなったりするメリットがあります。
このように確定申告が不要のケースでも、減税などの恩恵を受けたい場合は確定申告をおこなったほうが良いでしょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

マンションを売却して利益が生じた場合は、確定申告が必要です。
確定申告が不要なケースでも、節税や税金還付を受けられるメリットがあるため、利益が出ていなくても確定申告をおこなうのがおすすめです。
東京都新宿区をメインとした不動産の売却をご検討中の方は、「株式会社アダチ」の無料査定依頼をご利用ください。
また、今すぐ現金化したい、スピーディーに不動産を売りたいなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ