ASD(自閉症スペクトラム障害)概要

2022-07-05

ASD同志へ

※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

弊社代表の安達は、「ASD友の会」代表世話人も務める。
その安達が、ペーパーバック「ASD生きやすさ講座」より一部、抜粋する。

 自閉症スペクトラム障害(じへいしょうスペクトラムしょうがい、英語:Autism Spectrum Disorder、 略称:ASD)、あるいは自閉スペクトラム症とは、『精神障害の診断と統計マニュアル』第5版(DSM―5)における、神経発達症群に分類されるひとつの診断名で、コミュニケーションや言語に関する症状があり、常同行動を示すといった様々な状態を連続体(スペクトラム)として包含する診断名である。
 1944年、オーストリアの小児科医ハンス・アスペルガーによって自閉的精神病質(アスペルガー症候群)と初めて報告された。しかしながら、第二次世界大戦のため、その論文は戦勝国側では注目されていなかった。
 その後、1979年にイギリスの児童精神科医ローナ・ウィングは、「ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群・広汎性発達障害など)」を含む自閉症の人が持つ特徴として「ウィングの3つ組」を提唱した。すなわち、
 ①社会性の障害
 ②コミュニケーションの障害
 ③想像力の障害
が、「ウィングの3つ組」になる。


相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。


社会性の障害

 自閉症スペクトラム障害(ASD)等の発達障害を持っていない、通常の「社会性」を有する方を、便宜上「定型者」と定義する。
 社会性の障害とは、定型者から見て、「社会性」がないと思われる行動・振る舞い等の特徴を指す。
具体的には、ASD者における、
・定常者から見て「非常識」と思われる行動。
・定常者なら十分に習熟しているとされる「暗黙のルール」が伝わらない。
・定常者なら十分に習得しているとされている「協調性」が少なく、人とうまく関われない。
・定常者ならある程度コントロールされるべきである「正直さ」が強すぎたり、感情表現がストレート過ぎる。
といった特徴になる。
 ASD者における「社会性の障害」の根本原因は定常者が習熟して当然と思われる「社会性」とやらが、ASD者には備わっていない点にある。


相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

コミュニケーションの障害

 コミュニケーションの障害とは、定常者なら本来持ち合わせているとされている「コミュニケーション・スキル」を、ASD者が保持していない結果、定常者とASD者との間で、意思疎通の齟齬が起きてしまう事を指す。
具体的には、ASD者における、次の特徴になる。
・定常者が、言葉で伝えた意味と、その表情・ジェスチャー・語気・周囲の方の雰囲気等とを合わせて、ASD者に意思を伝えた。しかしながら、ASD者は、その生来の脳機能の特徴により、言葉で伝えた意味しか理解することができない。その結果、定常者がASD者に対して「話がかみ合わない」という印象を持ってしまう。
・ASD者は、その生来の脳機能の特徴により、コミュニケーションにおいて、相手(定常者及びASD者も含む)の考えや思い・気持ちに寄り添う事を、意識しないと失念しがちである。一方、ASD者は常に自分の考えを聞いてほしいという欲求が強いので、自分の考えや思い・気持ちを、コミュニケーションの相手に、一方的に伝えがちである。
その結果、相手から「この人は、自分の話を聴いてくれないのでは」と思われがちである。
ASD者は、自己顕示欲が非常に強く、そのために、対外的に、自分の持つ知識・ノウハウを対外的に顕示して、相手(定常者及びASD者も含む)を説得・啓蒙しようとする。そのために、コミュニケーションにおいて、意図せずに表現が独特で堅苦しいと、相手に思われがちである。
・ASD者は、生来の脳機能の特徴により、人の表情から、その人の気持ちや感情を掴み取るのが難しい


相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

想像力の障害

 想像力の障害とは、定常者であれば十分に備わっているはずの「相手はどんな考えをもっているのか」「相手はどんな気持ちかな」と想像する力が、ASD者には備わっていないという特徴を指す。
具体的には、ASD者における、次の特徴になる。
・ASD者は「コミュニケーションの障害」により、相手(定常者及びASD者も含む)の気持ちが読み取りにくいそのため、相手は、「自分の気持ちをわかってくれない」と思いがちである。
・ASD者は、興味の偏り、こだわりが強い。そのため、コミュニケーションにおいて、相手が然程興味ない事でも、ASD者が興味のある事になると、自分の興味・こだわりを一方的に話してしまう
・ASD者は、社会情勢・仕事のスケジュール等が線形に進行、将来、突然の変更はないと考えがち。そのため、社会情勢の急激な変化、仕事のスケジュールの急激な変化があると頭が真っ白になり、臨機応変な対応、予定の変更に苦手意識を感じてしまう。
・定常者であれば、最大4個のタスクを同時に処理できるとされている。一方、ASD者は、その生来の脳機能の特徴により、2個以上のタスクを同時処理ができない
・ASD者は、その生来の脳機能の特徴により、気持ちの切り替えが苦手である。そのため、ネガティブなイベントに遭遇した時、自分の内側から発生したネガティブな感情をそのまま保持してしまい、ポジティブな認知・考えに基づくポジティブな気持ちへの切り替えが苦手である。


相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

まとめ

残念ながら、現時点において、自閉症スペクトラム障害(ASD)を根治する治療法・治療薬は存在しません。
ASD者は、このような「社会性の障害」「コミュニケーションの障害」「想像力の障害」といった「3つ組」の特徴を、終生抱えつつ、「勤務先の団体」「学校」「地域」「コミュニティー」「親族」「家庭」といった「社会」を生きていかなければならない。

◎詳細は、ペーパーバック「ASD生きやすさ講座」を参照の事。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

<その他おすすめ情報>
 

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ