不動産売却時の水回りリフォームの注意点とは

不動産売却時の水回りリフォームの注意点とは

マイホームの売却を検討する際、不動産売却前にリフォームしてから売るべきか悩まれる方が多くいらっしゃいます。
この記事では売却時にリフォームをおこなうタイミングや費用相場、水回りリフォームの注意点についてご紹介しますので参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前の水回りリフォームをおこなうタイミングと相場

中古物件の場合、室内がキレイじゃなくてもそのまま売却する方法と、事前にリフォームをおこなってから売却する方法があります。
特に、水回りの状態が良くないと購入希望者が見学しに来たときに印象が悪く感じられてしまうこともあります。
商品によってはリフォーム完了まで1か月程度時間を要することがあるので、不動産売却前に水回りリフォームをおこなう場合は時間に余裕を持って発注することが大切です。
水回りリフォームの相場は下記のとおりです。

  • トイレ10~50万円
  • キッチン50~150万円
  • 洗面所20~50万円
  • 浴室50~150万円

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

中古物件購入後の水回りリフォームをおこなう際のポイント

物件によっては必ずしも好みのリフォームができるとは限りません。
特にマンションの場合は規約によってリフォームの制限が設けられているため事前に規約や工事業者に希望のリフォームが可能か確認するようにしましょう。
新築住宅の場合、水回り設備も最新の充実した機能がついていることがほとんどですが、中古物件の場合は機能や収納力が少ないなどの違いがあります。
中古物件購入後に水回り設備をリフォームすることで新築とおなじ設備を入れたりグレードを落として節約したりカスタムを楽しめることでしょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

水回りをリフォームするときの注意点とは

キッチンをリフォームしたいとき、調理スペースやキッチン家電との相性を事前によく考えることが大切です。
壁付けキッチンを対面キッチンに替えたり、L型キッチンに替えたりしたいとき冷蔵庫や食器棚の位置もあわせて検討する必要があります。
お風呂をリフォームする際は窓の大きさと照明の位置に注意が必要です。
照明の位置によってはお風呂の中が丸見えになってしまうこともあるため、外から見えづらい構造になるよう窓と照明はしっかりと注意してからリフォームしましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

水回りのリフォームをおこなう際の費用相場や注意点についてご紹介しました。
不動産売却前にリフォームをおこなう場合は、リフォームに1か月程時間を要することがあるので発注のタイミングを意識しましょう。
東京都新宿区をメインとした不動産の売却をご検討中の方は、「株式会社アダチ」の無料査定依頼をご利用ください。
また、今すぐ現金化したい、スピーディーに不動産を売りたいなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

タグ一覧

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ