本当に荒唐無稽か?3Dプリンターの家と、その影響について

P.F.ドラッカーの著書『イノベーションと企業家精神』によると、
「産業や市場の構造は非常に安定的に見えるため、内部の人間は、そのような状態こそ秩序であり、自然であり永久に続くものと考える。しかし現実には産業や市場の構造は脆弱である。小さな力によって簡単にしかも瞬時に解体する。」との事。
本ブログでは、弊社代表の安達が、「小さな力」と思われる事について記述します。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。


3Dプリンターで出力された家。価格設定はなんと300万円です。

Yahoo News MBSNEWS 2022/6/23(水)配信
人々を30年住宅ローンから解放する」...かもしれない『3Dプリンター住宅300万円』今夏販売へ 目標は「車のように買い替えられる家(2022年6月21日放送 MBSテレビ「よんチャンTV」内『特集』より)において、兵庫県西宮市のベンチャー企業「セレンディクス」のCOO・飯田國大さんによると、
人間にとっての最大の課題って30年の住宅ローンだと思っているんですね。それをデジタルの技術で解決でしたいというのが私たちが考えていることです」との事。

『一生の買い物』から『車のように買い替えられるもの』に

では3Dプリンター住宅ならなぜ300万円ほどで建てられるのでしょうか?
(セレンディクス 小間裕康CEO)
「やはり一番高いのが人件費なので、これをロボットにつくってもらう。そうすることによって人の手がかからない人件費がかからない。それによって購入コストが下げられる」
中国で3Dプリンター住宅「Sphere」のパーツをプリントしている映像では、わずか23時間12分で全てのパーツが完成しました。大きな4つのパーツを組みあげてあっという間に住宅の形に仕上げます。家づくりの常識を覆す納期の早さもコストダウンの秘密です。

今後の販売計画

3Dプリンター住宅「Sphere」には、水回りはなく、扉と窓などがついて10平方メートル300万円で今年8月に販売予定。3Dプリンター住宅はまだ馴染みがないので「遊びの家」としてグランピングや災害復興仮設住宅などとして使ってもらいたいとしています。
そして「フジツボモデル」は、来年春に販売予定で、49平方メートル500万円を目指し、60代夫婦を想定した平屋建てです。なぜ60代かというと、3Dプリンター住宅に取り組みだして、最も問い合わせが多かったのが以下のような内容だったからだということです。
「住宅ローンの完済を迎える世代で、やっと返し終わったと思ったら、今度はリフォームで大きなお金必要に…そんな時に3Dプリンター住宅の話を知り、関心を持った」
「一生賃貸でと思っていたが、60代になって賃貸住宅を借りられない問題に直面し、3Dプリンター住宅ならと…」
来年12月に販売する計画を立てている「Sphere(2階建て)」
さらに来年12月には「Sphere」を2階建てにして100平方メートル300万円で販売する計画を立てています。100平方メートルと広くて300万円なのは、販売から1年以上経過して量産化により価格を抑えられるのではないか、という想定だということです。

弊社代表の安達の見解

3Dプリンターの家。一件すると、現状では荒唐無稽に見えるかもしれません。
しかしながら、もし、3Dプリンターの家が一般化してしまうと、ハウスメーカー、建築業者、住宅ローン会社、住設メーカー等、一戸建建築に係わる様々な業界に、甚大な影響を与えるかもしれません

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

まとめ

産業や市場の構造を変える「小さな力」と思われる。3Dプリンターの家について記述しました。
最後に、P.F.ドラッカーの著書『イノベーションと企業家精神』の、以下のコメントにて、本ブログを締めさせて頂きます。
「産業と市場の構造変化はイノベーションの機会である。それは業界に関わるすべての者に企業家精神を要求する。あらゆる者が『我が社の事業は何か』を問わなければならなくなる。新しい答えを出さなければならなくなる。」
「構造変化は、その産業の外にいる者に例外的ともいうべき機会を与える。ところが、産業の内にいる者には同じ変化が脅威と映る。したがって、イノベーションを行う外部の者は、さしたるリスクを冒すことなく急速に大きな勢力を得ることができる。」

※ P.F.ドラッカーの著書『イノベーションと企業家精神』は、1985年に刊行されました。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

<その他おすすめ情報>
 

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ