共有名義の不動産とは?売却方法や売却における注意点を解説!

共有名義の不動産の売却方法は?共有名義の概要と売却における注意点を解説!

相続や離婚などで共有名義の不動産を売却する場合、簡単に売却できるのでしょうか。
不動産売却における共有名義の概要にくわえて、売却方法や注意点についても解説します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における「共有名義」とは?

「共有名義」とは、不動産を一人で所有する「単独名義」に対して、不動産を複数人で共有することをいいます。
共有名義では、所有する不動産に対して、下記のとおり制限があります。

  • 各名義人が単独でおこなうことが可能:保存(メンテナンスなど)・利用(居住など)
  • 共有名義人過半数以上の同意が必要:利用(賃貸など)・改良(リフォームなど)
  • 共有名義人全員の同意が必要:処分(売却など)

つまり、売却する場合は全員の同意が必要です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

共有名義の不動産「売却方法」

共有名義の場合は、売却することに全員の同意が必要ですが、他の売却方法もあります。
それでは共有名義の不動産を売却する方法をご紹介します。
共有者全員の同意を得てすべてを売却する
もっともポピュラーで、利用することが多い売却方法です。
売却して得た利益も、売却にかかった費用も持分割合にて分割します。
自分の持分のみを売却する
売却価格も相場に比べてかなり安くなるので、あまり利用されません。
他の共有者に買い取ってもらう
売却には反対で、不動産を残したい共有者に買い取ってもらいます。
しかし買い取る共有者は買取り費用を捻出することが必要です。
住宅ローンにて買取費用を賄うことも可能ですが、審査が厳しくなることがあります。
分筆して単独名義にして売却する
共有名義の不動産が土地だけである場合、利用が可能です。
土地自体を分筆して、それぞれの単独名義にしてから売却します。
リースバックを利用する
売却方法としては、全員の同意が必要ですが、そのまま不動産に住み続けたい場合に利用します。
リースバックでは、不動産の所有権は不動産会社に譲渡したうえで、賃料を支払いながらそのまま住み続けることができます。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

共有名義の不動産売却における「注意点」とは

共有名義の不動産売却では、以下のような注意点があります。

  • 売却する際に遠方の所有者には委任状などの準備が必要
  • 自分の持分のみ売却する場合は、共有者とのトラブルになる可能性がある
  • 土地を分筆するには費用が別途必要であり、建築基準法を満たさない土地の大きさになる可能性がある
  • リースバックでは賃料が相場より高くなる可能性が高い

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

共有名義の不動産を売却する方法を5つ解説しました。
やはり全員の同意のもと売却することが一番単純で、売却しやすいのがわかります。
全員の同意を得るためにも、信頼できる不動産会社に売却について相談してみましょう。
東京都新宿区をメインとした不動産の売却をご検討中の方は、「株式会社アダチ」の無料査定依頼をご利用ください。
また、今すぐ現金化したい、スピーディーに不動産を売りたいなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ