なかなか売れない!不動産売却が長引く原因とは?対処法もご紹介

なかなか売れない!不動産売却が長引く原因とは?対処法もご紹介

不動産売却を始めてから「不動産がなかなか売れない」、「どのくらいの期間がかかるのだろう」など不安に思っていらっしゃる方もおられると思います。
そこで、不動産売却が長引く原因とその対処法についてご紹介していきます。

\お気軽にご相談ください!/

なかなか売れない!不動産売却が長引く原因

一般的に、不動産売却を決めてから引き渡すまでには、3~6か月程度かかると言われています。
では、なかなか売れないなど長引く原因を確認してみましょう。

売却価格が高い

相場と比べて高く価格を設定している場合などは、売却に時間がかかる原因となります。

売り出すタイミングが悪い

不動産売買には需要が高い時期と少ない時期があります。
進学や転勤など人が動く春までの時期がもっとも売れやすいです。
そのため売り出した時期が春を過ぎてしまっている場合などは、需要が少なく長引く原因となっていることがあります。

土地に問題がある

土地の問題により長引く原因となっていることがあります。
需要がない場所、土地の形が悪い、境界線が曖昧であるなどといった問題がある場合は長期化することがあります。

所有者に問題がある

相続した土地や離婚での財産分与などの問題によって、不動産売却が長引いている可能性もあります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

なかなか売れない!不動産売却が長引く際の対処法

では、不動産売却を長引かせないための対処法をご紹介していきます。

適正価格に見直す

相場より高めに設定している場合は、相場価格を見直し適正価格にするのも早く売却できる方法の1つです。
査定してもらってから時間が経っている場合は、再査定をしてもらうなどして対処しましょう。

土地や建物をきれいに整える

購入希望者の印象を良くするためにも、土地の雑草やゴミなどを取り除ききれいにしておくと良いでしょう。
また、建物がある場合は、内覧に備えて水回りや室内の整理整頓まで再度見直しすることも大切です。

不動産会社に「買取」してもらうことも検討

なかなか売却できないなど、長引いている場合は不動産会社に直接「買取」してもらう方法もあります。
仲介で売却する場合の7~8割程度の売却価格になりますが、買主を探す必要がないためスムーズに売却することができるメリットがあります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

不動産売却が長引く原因と対処法についてご紹介してきました。
長引いているのには、何かしらの原因があります。
まずは原因を把握し、それに合った対処法を取るようにしましょう。
また、なかなか売却できずお困りの際は、不動産会社へ「買取」をしてもらう方法もおすすめします。
東京都新宿区をメインとした不動産の売却をご検討中の方は、「株式会社アダチ」の無料査定依頼をご利用ください。
また、今すぐ現金化したい、スピーディーに不動産を売りたいなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。


タグ一覧

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ