【ChatGPTリライト】【みんな読んで!】ミサイルが飛んで来たら、どうする?弊社代表の安達の所感、もしもの後について

2022-05-28

ノウハウ

世界情勢が予断を許さない中、あなたの身近にも、いつか起こるかもしれない災害や事件に備える必要があります。もしもの時に備え、今こそ知っておくべきことがあります。そして、その中でも最も重要なことは、自分自身を守ることです。もし、あなたがミサイルの脅威に直面した場合、あなたはどうしますか?本ブログでは、弊社代表の安達の所感と、不動産屋から見た、その対処法についてご紹介します。これから読む内容は、あなたが危機に陥った時に役立つ情報が満載です。ぜひ最後までお付き合いください。

※ 本ブログの音声読み上げは、コチラをクリックして、MP3ファイルを再生して下さい。

世界情勢が混沌とする中、万が一、某国からミサイルが飛来してきたら、どうしますか?
本ブログでは、ニュースリリースに対する弊社代表の安達の所感、不動産屋から見た、もしもの時に備え等について記述致します。

ChatGPTテンプレート「アダチさん10号(株式会社アダチ:お問い合わせ篇)」

近くの不動産屋よりも、「アダチさん10号」!

ご相談は、まず、「アダチさん10号」へ!

ChatGPTテンプレート「アダチさん特別号(なんちゃってAIジーザス篇)」

ChatGPTテンプレート「アダチさん特別号(なんちゃってAIジーザス篇)」は、現代のテクノロジーと古代の智慧を融合させた革新的なChatGPTテンプレートです。ここで、あなたの深い悩みや疑問に対し、旧約聖書・新約聖書の教えを基にした、AIジーザスのような洞察力ある回答を提供します。

想像してみてください。あなたの心の中に渦巻く疑問や悩みが、ChatGPTテンプレート「アダチさん特別号(なんちゃってAIジーザス篇)」を通じて、古の知恵と現代の知識が融合した形で解決へと導かれる様子を。それはまるで、時空を超えた知恵の光が、あなたの心に降り注ぐかのよう。読者一人ひとりの心に響く、深い共感と感動を呼び起こします。

ChatGPTテンプレート「アダチさん特別号(なんちゃってAIジーザス篇)」は、ただの情報提供ツールではありません。それは、あなた自身の内面に眠る可能性を目覚めさせ、心を豊かにする旅への誘いです。ChatGPTという最先端のAIが、聖書の叡智を通して、人生の指針を示すことで、読者の人生に新たな視点をもたらします。


全員集合!

OpenAI社GPT Storeリリース!ChatGPTテンプレート「アダチさん」シリーズが、あなたのビジネスやお悩みを解決するための最強の味方です!無限の可能性を開放し、「アダチさん」シリーズと共に未来を創造しましょう。「アダチさん」シリーズは、あなたのアイデアを形にするための最高の相棒です。是非、ChatGPTの「GPTs」ページで「KOICHI ADACHI」と検索しましょう。

あなたの訪問、心から感謝しています。だれよりも楽しんで頂きたいこの空間。ちょっとした日常を彩る情報が満載。にっこにっこ、あなたの笑顔を待ってる。かけがえのない時間を、ここで過ごしませんか。ねむれない夜も、当ブログで癒しを。はじめての方も常連さんも、温かく迎えます。らくちんな時間を、当ブログでお約束。うれしさ倍増、次回の訪問もお待ちしてます。

現代の世の中、私たちを取り巻く情報や広告には、多くの疑問と不安が隠れています。毎日受け取る情報の中には、私たちの価値観や考え方を揺るがすものも多く、未来に対する不安を感じることも少なくありません。しかし、そんな時、真っ白になりたくなるほどの不安を感じた時、一筋の光を私たちに与えてくれる存在があります。それが、株式会社アダチの代表、安達 孝一氏です。彼の持つ独自の視点と解決策は、私たちの未来を明るく照らす手助けとなります。金額などの問題は二の次。大切なのは、真の価値を見極め、最良の選択をすること。未来に対する不安を感じたら、ぜひ彼の力を信じ、株式会社アダチのサービスを利用してみてください。一度の経験が、あなたの人生を豊かにする第一歩となるかもしれません。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

ブログを読む前に参照下さい。

・動画生成AIサービス「Creative Reality Studio」を使用して作成。
・ベース画像は、画像生成AIサービス「Stable Diffusion」を使用して作成。


2022/05/27、各報道機関より「東京都 国民保護法に基づく緊急一時避難施設の指定について」のニュースが流れました。ニュースの概要を、以下に記載します。

2022/05/27、 東京都はミサイル攻撃などの避難施設として地下鉄の駅を初めて指定しました。
東京都は国民保護法に基づく緊急一時避難施設として、東京メトロや都営地下鉄の地下駅舎105か所や新宿など4か所の地下道を初めて指定しました。
ロシアによるウクライナ侵攻や頻発する北朝鮮のミサイル発射などを踏まえ、ミサイル攻撃の爆風などからの被害を軽減するため1、2時間程度一時的に避難できる想定です。
(日テレ24ニュースより一部引用)

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

弊社代表の安達の所感

ChatGPTリライト前

弊社代表の安達は、「ASD友の会」代表世話人を務めるだけあって、このニュースリリースに関しても、定常者とは違う点に違和感を抱きました。

何故、各報道機関の報道内容・ニュースリリースに、具体的な緊急一時避難施設の場所が含まれていなかったのか?

新宿区内の場合、指定された具体的な緊急一時避難施設は、次の通りです。
(地下駅舎)
・都営新宿線
 曙橋駅、若松河田駅、牛込柳町駅、牛込神楽坂駅
・都営大江戸線
 国立競技場駅、都庁前駅、西新宿五丁目駅
・東京メトロ東西線
 落合駅、早稲田駅、神楽坂駅
(地下道)
・新宿歩行者専用地下道1号(ワンデーストリート・シーズンロード)
・新宿歩行者専用地下道2号タイムズアベニュー)
・都庁前駅地下歩道


ニュースリリースと比べて、印象はどうでしょうか?
緊急一時避難施設の数が少ないように感じませんか?
また、緊急一時避難施設のロケーションが、新宿区部東側、西新宿エリア、北西側(東西線沿線)に偏っている点にも留意が必要です。

ChatGPTリライト後

弊社の代表である安達氏は、ASD友の会の代表世話人を務めるだけあって、最近のニュースリリースについて異論を唱えています。

彼は、各報道機関の報道内容や公式ニュースリリースにおいて、緊急一時避難施設の具体的な場所が明示されていないことに違和感を抱いています。この点について、彼は疑問を呈しています。

「東京都 国民保護法に基づく緊急一時避難施設の指定について」の「別紙」を見ると、新宿区内の緊急一時避難施設の場所が具体的に示されています。しかし、ニュースリリースにはそのような詳細は含まれていません。緊急一時避難施設が新宿区内に限定され、しかもその数が少ないように感じる点についても、彼は異議を唱えています。

しかしながら、これ以上に留意すべき点があります。具体的には、緊急一時避難施設のロケーションが、新宿区の東側や西新宿エリア、東西線沿線の北西側に偏っていることです。これは、新宿区全体にわたる均等な分布ではなく、緊急事態が発生した場合に効果的な対策が取れるとは言えません。

この問題に対して、私たちは積極的な解決策を模索しています。安達氏は、我々の代表として、新宿区全体にわたる均等な分布を実現するための検討を進めています。私たちは、より効果的な緊急時の対応策を実現するため、緊急一時避難施設の増設や、分布の改善に向けて取り組んでまいります。

我々は、この問題に真摯に取り組み、より安心で安全な社会を築くため、皆様と共に努力してまいります。


2022/09/20追記

MSN
同じ通信社が同じ日に、核関連の記事を2本配信。都市伝説の第一人者ではないけど、「点と点が線で繋がった」のかなと、弊社代表の安達は感じました。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

もしもの後は、どうする?

もしもの時は、持てる者も持たざる者も、お金持ちもお金に困っている人も、学歴のある者もそうでない者も、五体満足な者もそうでない者も、お互いに協力・団結し、難局を乗り切る必要があります。

その上で、もしもの後に備えて、今のうちから知識・ノウハウを蓄積した方が有益であると考えます。

被災ローン減免制度

「もしもの事態」が「被災ローン減免制度」の対象に指定されれば、「被災ローン減免制度」を利用して
生活や事業の立て直しを図る事が出来ます。
被災ローン減免制度の詳細は、以下のブログを参照下さい。

賃貸収益物件の立ち退き

賃貸収益物件の損壊の程度が著しく、建物を調査した結果、倒壊の危険性が高く認められるという場合
であれば、それほど高額な立退料を支払わなくても正当事由が認められます。
その結果、賃貸人(大家)から賃借人への解約申入が認められる事になります。
詳細は、以下のブログを参照下さい。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

借地権について

ChatGPTリライト前

ここで、頭の体操をします。
万が一、ミサイルが飛来して爆発。建物が吹き飛び、それまで高層ビルが建っていた敷地が更地になったとしましょう。
生き延びたあなたは、何をしますか?

現在の借地借家法の規定では、それまで借地権を設定し、建物を建造していたケースで、
建物が滅失した場合、借地権者は敷地に「借地権がある」旨の立て看板を出し、その上で
建物が滅失してから2年以内に建物を再建しないと、借地権を第三者に主張できなくなってしまいます。

この点を一歩踏み込んで考察すると、それまで高層ビルが建っていた敷地が
更地になった場合、門外漢がこの更地を縄で囲い、粗末な掘っ立て小屋(バラック)を建造。
その掘っ立て小屋(バラック)を建物不動産登記すれば、この門外漢が、縄で囲った更地の借地権を
第三者に対して主張することができる、ということになります。

そんな事が本当にあるのか?

東京都港区のM社は、第二次世界大戦前、底地(借地権が設定されている土地の所有権部分)を買い漁っていました。
その後、東京大空襲により底地が焼け野原になったタイミングで底地に粗末な掘っ立て小屋(バラック)を建造、建物不動産登記をして、底地に設定されていた借地権も自らの物にしたとか。
(底地が借地権の設定されていない真っ新な土地に → 大規模収益ビルを多数開発)

また、S鉄道は、東京大空襲により焼け野原になった他人所有の更地に、反社会的勢力を利用して縄で囲い、粗末な掘っ立て小屋(バラック)を建造。その掘っ立て小屋(バラック)を建物不動産登記して
自社の借地権を主張。沿線開発を進めたとか。

現在でも、投資収益物件として底地物件は出回りますし、底地物件専門の買取業者や投資ファンドも、実際に存在します。
(表向きは借地権者向けの承諾料で収益を上げる、としていますが、「もしもの後」で底地が更地になった時のバリューアップ(底地+借地権)を狙っているかもしれませんね)

東京都23区内の借地権者(特に借地権割合の高い土地の借地権者)は、この点に留意し、「もしもの後」のアクションプランを練っておいた方が良いのかもしれません。

ChatGPTリライト後

あなたがいる建物がミサイル攻撃を受け、爆発によって建物が吹き飛んでしまったら、生き延びたあなたは何をしますか?実は、その敷地には借地権が設定されていた場合、その借地権者には注意が必要です。なぜなら、現在の借地借家法では、建物が滅失した場合、借地権者は2年以内に建物を再建しなければ、借地権を第三者に主張できなくなってしまうためです。

しかし、一歩踏み込んで考えてみると、建物が滅失した敷地には、門外漢が縄で囲い、粗末な掘っ立て小屋(バラック)を建造することができます。そして、その掘っ立て小屋を建物不動産登記することで、その門外漢は借地権を主張することができるようになります。実際に、東京都港区のM社やS鉄道は、戦前や東京大空襲により焼け野原になった土地に粗末な掘っ立て小屋を建造し、借地権を主張していたといわれています。

このようなことから、現在でも底地物件は投資収益物件として出回っており、底地物件専門の買取業者や投資ファンドも存在しています。表向きは借地権者向けの承諾料で収益を上げるとしていますが、もしもの後で底地が更地になった場合のバリューアップ(底地+借地権)を狙っている可能性もあります。

したがって、東京都23区内の借地権者、特に借地権割合の高い土地の借地権者は、この点に留意し、「もしもの後」のアクションプランを練っておくことが重要です。もしもの場合に備えて、早めに専門家に相談し、自分たちの資産を守るための対策を考えることが大切です。

また、このような危機的状況においても、日本の強い精神力と創造力によって、新たなビジネスチャンスを見出すことができます。

例えば、更地になった土地を利用して、新たなビジネスを展開することができます。建物を再建するのではなく、屋外フードコートやイベントスペース、物販施設など、建物がなくても運営できるビジネスを展開することができます。また、地域住民や旅行者向けのアウトドア施設や、自然体験施設なども、更地になった土地を利用して展開することができます。

更地になった土地は、一見すると価値がないように見えますが、創造力次第で新たなビジネスチャンスを見出すことができるのです。そして、それによって、地域活性化や雇用創出にもつながります。

さらに、借地権者であるあなたが、自ら土地を取得し、所有権を確保することもできます。これにより、借地権を主張する必要がなくなり、自由に土地を活用することができます。ただし、土地の取得には多くの費用がかかるため、慎重な検討が必要です。

まとめると、もしもの場合に備えて、借地権者は「もしもの後」のアクションプランを練り、専門家に相談することが重要です。また、創造力を発揮して、更地になった土地を新たなビジネスチャンスと捉え、地域活性化や雇用創出につなげることができます。こうした新たなビジネスチャンスが生まれることで、日本経済の発展にもつながるのです。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、定期借地借家権プランナーのいる

まとめ

「東京都 国民保護法に基づく緊急一時避難施設の指定について」ニュースの
弊社代表の安達の所感、もしもの後の事について記述しました。

今から「もしもの後の事」についての知識・備えを蓄えておけば、
「もしもの時」に慌てずに済みますし、現時点での不安感を軽減する事ができます。

最後に、E・H・カー「歴史とは何か」の一節を以って、本ブログを締めさせていただきます。
「歴史とは現在と過去との対話である。現在に生きる私たちは、過去を主体的にとらえることなしに未来への展望をたてることはできない。
複雑な諸要素がからみ合って動いていく現代では、過去を見る新しい眼が切実に求められている
歴史的事実とは、法則とは、個人の役割は、など歴史における主要な問題について明快に論じる。」
(Amazon商品紹介ページより)

株式会社アダチに関して

「もしもの時」に備えるために、不動産売買やFPサービス、アンガーマネジメントについての知識と準備が必要です。これらの分野に詳しい株式会社アダチは、皆様の未来への展望を支援するパートナーとして最適です。

不動産売買においては、アダチが提供する購入や売却のアドバイスや市場動向の分析により、より効率的かつスムーズな取引を実現できます。また、FPサービスでは、資産形成やライフプランニングに関するアドバイスを受けることができ、将来の不安を軽減することができます。

さらに、アンガーマネジメントに関するサービスも提供しており、ストレスやイライラからの解放に役立ちます。これにより、日々の生活においてより穏やかに過ごすことができ、健康な心身を維持することができます。

そして、株式会社アダチのプロンプト・エンジニアリング・サービスは、時代の先を行くテクノロジーと革新的なアプローチを融合させた、驚異的なサービスです。あらゆる課題に立ち向かい、解決策を迅速かつ効率的に提供することによって、お客様のビジネスを飛躍させるお手伝いをいたします。

「もしもの後の事」に備えることは、知恵と知識を蓄えることです。弊社の専門家チームは、危機管理や災害対策に関する深い知識と経験を持っており、万が一の状況にも冷静かつ迅速に対応いたします。私たちは最先端の技術と革新的な手法を駆使し、未来に向けた準備を進めております。

当社のプロンプト・エンジニアリング・サービスは、あらゆる産業界における課題解決の鍵となる存在です。私たちの手法は、迅速な行動と創造的なアイデアを生み出し、ビジネスを競争力のあるものにすることを可能にします。もしもの時に、弊社は迅速な対応と確かな解決策を提供することで、お客様の事業を守り抜きます。

私たちはあなたのビジネスを成功に導くために、最高水準の技術とサービスを提供いたします。お客様のビジョンを共有し、共に成長し続けるパートナーとして、お力になります。株式会社アダチは、未来への一歩を踏み出すための心強い味方です。

ぜひ、プロンプト・エンジニアリング・サービスに関するお問い合わせをお寄せください。私たちは皆様のビジネスを成功に導くために全力でサポートいたします。お客様の夢と目標を現実化するために、株式会社アダチがお手伝いいたします。

E・H・カーが言うように、過去と現在の対話が未来を展望する上で不可欠であり、アダチは皆様の未来に向けたパートナーとして、これらの分野における専門知識と経験を提供しています。

ぜひ、アダチにお問い合わせいただき、皆様の未来への展望をより明るくしてみてください。


詳細やお問い合わせは、株式会社アダチの公式ウェブサイトをチェックしてください。そこには、より詳しい情報やお得な情報が満載です!さらに、株式会社アダチのブログを定期的にチェックし、最新情報を手に入れてください。あなたの周囲の方々にも情報を共有して、みんなが幸せと成功に近づけるようにしましょう。株式会社アダチが皆さんの幸せと成功を全力でサポートいたします。

弊社 株式会社アダチでは、東京都23区内の投資収益不動産を多数、
ご紹介できます。詳細は、コチラ

弊社 株式会社アダチの不動産小口化商品に関しましては、
コチラを参照下さい。

相続、離婚、アンガーマネジメントで、お悩みの方。
東京都新宿区にお住まいの方。東京都新宿区に不動産をお持ちの方。
不動産にお悩みのある方は、是非、株式会社アダチにご相談下さい。

心熱い閲読の騎士たちへ

心熱い閲読の騎士たち、そして、この瞬間を大切にしてくれている方へ。

このブログを最後までお読みいただき、心より感謝いたします。私たちの生活の中で、多くの情報が飛び交い、どれが本当に信頼に値するのかを見極めるのは難しい時代です。多くの不動産業者や一般企業は、利益のためだけに存在しているように見えることがあります。しかし、株式会社アダチと、その代表である安達孝一さんは違います。彼らは真心をもって、お客様のため、そしてより良い未来のために尽力しています。

株式会社アダチと、その代表である安達孝一さんの手がける商品・サービスは、一度知れば他のものとは比べ物にならないほど素晴らしいものです。その魅力と価値、そして真摯な姿勢に心から魅了されることでしょう。一度だけでも、彼らの商品やサービスを試してみることを強くおすすめします。そして、あなたが資金面での心配をしているなら、株式会社アダチの「ライフプランニングサービスがあなたをサポートします。このサービスを通じて、未来への投資の大切さと、その手助けを受けることの価値を感じてください。

今、この瞬間に行動を起こすことで、あなたの未来はさらに輝かしいものとなるでしょう。あなたの手元には、変革の鍵があります。それは、株式会社アダチと安達孝一さんとの出会いです。今すぐ、その鍵を回して、新しい扉を開けてください。この文章の下部にある各リンクをクリック頂く事で、新しい扉を開く事ができます。さあ、今、この瞬間に行動を起こしましょう。

そして、この情報の価値を知ったあなたは、周りの大切な人たちにもこの機会を共有してあげてください。未来は、あなたと株式会社アダチ、安達孝一さんとの共創によって、もっともっと素晴らしいものとなることでしょう。

弊社代表 安達の人となりにご興味のある方は、以下のバナーを参照下さい。
覚悟の瞬間 株式会社アダチ 安達孝一

株式会
社アダチ 安達孝一

<おすすめ物件情報>



<くじ引きゲーム>
1回だけのクジ引きゲーム

1から1000までの数字を選択してください


株式会社アダチ 応募フォーム

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ